デザイン科専攻(夜間部)

自己推薦入試

スペースデザインコース

問題を見る

印刷用PDF

解答例 1

dummy

作品評価

商空間と公共空間それぞれにおいて、具体的な目標と興味のある事例が色彩豊かに描かれていて、大変好感が持てます。それぞれの事例の空間のよさがもう少し描かれていると、より評価できるでしょう。

解答例 2

dummy

作品評価

好きな家具である倉俣史朗の作品がスペースデザインを学びたいと思ったきっかけであることが、イラストと文章でよく表現できています。これらの家具と桑沢での目標、将来の夢との関係が文章などでも表現できるとなおよい。

解答例 3

dummy

作品評価

イラストは色彩豊かな空間が表現できていますが、自分がしたいことの文章表現との関係が希薄なので、もう少し繋がりを持たせるように表現できるとさらによくなるでしょう。「デザインとは何か?」という根源的な問いを自分に投げかけ、自分なりの考えを文章で表現しようとしているところは評価できます。

作品評価

[解答例 1]
商空間と公共空間それぞれにおいて、具体的な目標と興味のある事例が色彩豊かに描かれていて、大変好感が持てます。それぞれの事例の空間のよさがもう少し描かれていると、より評価できるでしょう。

[解答例 2]
好きな家具である倉俣史朗の作品がスペースデザインを学びたいと思ったきっかけであることが、イラストと文章でよく表現できています。これらの家具と桑沢での目標、将来の夢との関係が文章などでも表現できるとなおよい。

[解答例 3]
イラストは色彩豊かな空間が表現できていますが、自分がしたいことの文章表現との関係が希薄なので、もう少し繋がりを持たせるように表現できるとさらによくなるでしょう。「デザインとは何か?」という根源的な問いを自分に投げかけ、自分なりの考えを文章で表現しようとしているところは評価できます。

このページの先頭へ戻る