デザイン科専攻(夜間部)

自己推薦入試

プロダクトデザインコース

問題を見る

印刷用PDF

解答例 1

dummy

作品評価

道具としての機能デザインと感性に訴求する価値デザインの両者を兼ね備えた製品を、自ら創出し広めたいという高い目標が読み取れます。オリジナルの提案も描かれており、目を引く簡潔な表現も評価できます。

解答例 2

dummy

作品評価

自動車と自分自身の将来像をしっかりとイメージしており、また自動車のデザインに求められるフォルムのあり方への探究心が伝わります。より具体的な提案を交えて表現できればなおよいでしょう。

解答例 3

dummy

作品評価

モノをしっかりと見る観察眼があってこそ描けるイラストであり、その姿勢に好感が持てます。主観的な感想に客観性が備わると、良いデザインを生み出す力になります。イラストにもう少しメリハリをつければ、より明確に伝わったでしょう。

このページの先頭へ戻る