総合デザイン科(昼間部)

一般B日程※実技試験

〔表現〕1. 静物デッサン

問題を見る

印刷用PDF

解答例 1

dummy

作品評価

鉛筆の発色にメリハリがあり、金属、木材、繊維の質感が力強く表現されています。モチーフの組み合わせ方や構図に工夫し、補助線を使って缶の楕円やハケの軸がきちんととれていれば、より良いデッサンになったでしょう。

解答例 2

dummy

作品評価

中間トーンをうまく使ってまとまりのあるデッサンになりました。金属の輝きや繊維の表情など、質の描き分けがもう少し進めばより説得力のあるデッサンになると思います。

解答例 3

dummy

作品評価

モチーフの組み方、形の取り方、細部の描写がとても堅実です。暗いトーンまで幅広く使うことができれば、モチーフの重みまで表現できるデッサンになったでしょう。

解答例 4

dummy

作品評価

構図、トーンの幅、適切な描写による質や遠近の描き分け、すべて高いレベルにあるデッサンです。缶の側面にある楕円が若干ずれてしまったのが惜しいところです。

このページの先頭へ戻る