デザイン科専攻(夜間部)

自己推薦入試

プロダクトデザインコース

問題を見る

印刷用PDF

解答例 1

dummy

作品評価

プロダクトデザインを、単なる機能的道具だけでなくコミュニケーションツールとして重要であると捉え、自身のデザインもそのようにありたいと目標につながっています。伝えたいポイントが正しく強調された美しいレイアウトで、好感が持てます。

解答例 2

dummy

作品評価

プロダクトデザインが担う領域が広がっている事をよく理解し、自身が貢献する為の知識やスキルをどのフェーズで会得すべきか、分析ができています。入学後や将来の目標が明確で具体的である事から、意思の強さを感じます。

解答例 3

dummy

作品評価

デザインとエンジニアリングの融合から生活を豊かにするプロダクツが創出できるという信念が、デザインを学びたいという原動力になっていることがよく伝わります。自分の強みと目指す将来像がしっかりと結ばれており目標が明確です。

このページの先頭へ戻る