デザインの現場>

2017.04.18デザインの視点
末松亜斗夢 先生/(株)TOLOT

末松亜斗夢卒業後、広告制作会社を経て、1983年株式会社アスキー入社。 1988年アップルコンピュータジャパン入社。 その後独立し、1994年春、国内初のWebプロダクション業務を開始。 株式会社アトム、株式会社ユビキタス、株式会社フリップ・クリップの代表取締役社長を兼務。>Webサイト

昼間部3年生の授業に「デザインの視点」というオムニバス形式の講義科目があります。
今年も、さまざまな分野で活躍されてきた先生方をお呼びしています。それぞれの先生に、どのような視点からデザインに関わってお仕事をされているのかをお話しいただいています。最終学年の3年生に、先生方のお話はどのように響くのでしょうか。
本サイトでは、講義をしてくださった先生方と、講義のテーマを、随時紹介します。
第1回目の4月18日(火)は、末松亜斗夢先生((株)TOLOT代表取締役社長)による講義でした。末松先生には、新しい技術を活用し、いかに創造の場のための新しい事業を構想、実践するか、という視点からお話いただきました。

末松亜斗夢