デザインの現場>

2017.04.25デザインの視点
中西元男 先生/株式会社中西元男事務所

中西元男神戸生まれ。桑沢デザイン研究所を経て、早稲田大学第一文学部美術専修卒業、同大学院芸術学中退。在学中に浜口隆一氏とわが国最初の経営戦略デザイン書「デザイン・ポリシー/企業イメージの形成」を共著。経営者に理解されるデザイン理論の確立とデザイン手法の開発をテーマに研究と実戦を重ね、1968年 株式会社PAOS設立。約100社のCI・ブランド&事業戦略デザインなどを手掛る。1998年 株式会社中西元男事務所を設立。2004~2008年3月 早稲田大学戦略デザイン研究所客員教授。2010年4月~ ニュービジネススクール「STRAMD(戦略経営デザイン人材育成講座)」主宰。>Webサイト

昼間部3年生の授業に「デザインの視点」というオムニバス形式の講義科目があります。
第2回目の4月25日(火)は、中西元男先生((株)PAOS)による講義でした。
〈桑沢〉卒業生であり、CI(コーポレイト・アイデンティティ)を日本において先駆的に実践されてきた中西先生には、企業経営者に理解され、採用されるデザイン理論・手法の開発という視点からお話いただきました。

中西元男先生