デザインの現場>

2017.05.23デザインの視点
紫牟田伸子 先生/編集家・プロジェクトエディター

紫牟田伸子美術出版社『デザインの現場』『BT/美術手帖』副編集長、日本デザインセンタープロデュース室チーフ・プロデューサーを経て、2011年より個人事務所を設立。「ものごとの編集」を軸に企業や社会・地域に適切に作用するデザインを目指し、企業や地域の商品開発、ブランディング、コミュニケーション戦略などに携わる。主な著書に『シビックプライド:都市のコミュニケーションをデザインする』『シビックプライド2【国内編】:都市と市民のかかわりをデザインする』(監修・共著、宣伝会議)など。

昼間部3年生の授業に「デザインの視点」というオムニバス形式の講義科目があります。
5月23日(火)は紫牟田伸子先生(SJ代表)による講義でした。
紫牟田先生は、美術出版社、日本デザインセンターを経て、現在編集家、プロジェクト・エディターとして数々のデザイン・プロジェクトを手がけられています。
いつもは昼間部1年生と夜間部1年生対象の「近代デザイン史」をご担当いただいているのですが、今回は昼間部3年生に「デザイン・マネジメント」というテーマでお話しいただきました。

紫牟田先生