デザインの現場>

2017.09.04集中講義
髙橋正実 先生/クリエイティブディレクター・アートディレクター・デザイナー

髙橋正実1974年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィックデザイン研究科卒業。1997年MASAMI DESIGN創立。
コンセプトワークを得意とするところから、グラフィック、パッケージ、プロダクト、インテリア、空間、CI、ブランディング、コンサルティング、グランドデザイン、地域開発、素材・技術開発、科学研究分野、執筆等多岐に渡り、分野を超えたスタイルで仕事を行っている。Webサイト

9月4日からは、髙橋正実先生に「ユニバーサル・デザイン」を担当して頂きました。
〈桑沢〉卒業生である髙橋先生は、近年では東京スカイツリーに関する仕事など、既存のデザインジャンルをこえて活躍されているデザイナーです。NHKテレビ番組NHKテレビ番組『ひるまえほっと』でも髙橋先生の特集がありました。 髙橋先生は〈桑沢〉在学中より、弱視でも見易い書体の開発など、現在では「UD」とよばれる製品や仕組みの提案を行ってこられました。
「UD」という概念が広まる前から「多くの人が幸せに」というテーマのもと、社会の問題解決策としてのデザインを実践されています。講義ではこれまで手がけてこられた作品・プロジェクト事例を沢山紹介頂き、受講生はグループワークの課題として「社会の問題解決策としてのデザイン」について取り組みました。

高橋先生