桑沢デザイン研究所

藤田恭一
fd 藤田恭一
[担当教員]
藤田恭一
辺見小百合(本校専任教育職員)

創・纏・ファンダジー

平面を立体に立ち上げ、まとう。表現は人それぞれ。 まずはじっくりと布について考える。それは固いものなのか? 柔らかいものなのか? どんな色でどんな柄なのか? すごくなやむ。そしてやっと出来上がった布は、あなたにどんな形を求めているのか? じっくりと何回もパターンメイクを重ねてゆく。すごく考える。いつしかその布はあなたのファンタジーを語りはじめ、立ち上がり身体を纏う。それは他にないあなただけの物語。3 年間の最後の作品、後悔のないよう一緒につくり上げていこう。

藤田先生デザイン

藤田恭一(ふじた・きょういち)
桑沢デザイン研究所卒業。イッセイミヤケを経て、独立。「Kyouichi Fujita」を立ち上げる。毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。国内外のブランディングに携わる。現在、ピエール・カルダンのクリーティブディレクターを務める。他に企業プロジェクトや百貨店VMDなどのディレクション、YKKファスニングアワードなどの審査員を務める。

  • セカイ カタチ ワタシ
  • on the road

左=藤田恭一ゼミ。「セカイ カタチ ワタシ」外被のパターンやテキスタイルには意味があり、それらが 掛け合わさることで作品が固有の哲学的概念を持ち、世界を表す。自分の世界観をパターン、ドレープ、 テキスタイルで表現した/
右=藤田恭一ゼミ。「On the Road」現代を生きる女性にフォーカスを当て、自分なりの視線と解釈で構成。不安定な千鳥格子のグラフィックを軸にリアルクローズな服を展開した

閉じる