bauhaus09144
bauhaus_title_009

Bauhaus Festival Bühne / Stage {TOTAL}
バウハウス・フェスティバル・ステージ「トータル」

新しいバウハウス・ミュージアム・デッサウにて桑沢生がパフォーマンス。 バウハウスで学び、本校の創設者桑澤洋子先生も大きな影響を受けた山脇道子先生の著書『バウハウスと茶の湯』と 浅葉所長がロゴを作られた『132 5. ISSEY MIYAKE』の衣装からインスパイアされたパフォーマンス “Graphic, Plastic, Cosmic – Pantomime in Glass”を発表。 日本らしいシンプリシティーを表現したパフォーマンスは、 他校と一線を画し現地でも評判でした。バウハウス100周年に建てられたバウハウス・ミュージアム・デッサウで初めてパフォーマンスを行った日本の学校となりました。

09151091520914032

▲動きの練習を繰り返し、本番直前のトルステン先生からの注意事項を真剣にきいてます。
 トルステン先生の挨拶では桑沢の始まりについても説明して頂きました。

091403091404

▲お掃除のシーンからスタートし、布を運ぶシーンは茶道の袱紗(ふくさ)からインスピレーションを得ています。

091405091406091407 empty2

▲布の上で衣装を展開していきます。宇宙を表す2人の動きはバリエーションのある動きを要求される難しいシーンです。

091409 0914010

▲銀の球を掲げて一本締めをしてパフォーマンスは終了。

bauhaus_title_008

バウハウス・ミュージアムでの最終パフォーマンスは、昨日より多いお客さんの前でスタート。
緊張しないように、リラックスしながらも集中してパフォーマンスに臨みました。

床を清掃するテーマを基に、其々のキャラクターに合ったダンスを展開しました。
集中して「ビームのようなもの」で床を掃除しているイメージのダンスや、枯山水の石庭を平す動きを体現しました。

091510915209156091540915309155

大きな布を4人で運ぶシーンの後からが昨日より変更が加わった箇所です。
イッセイミヤケの衣装が平面から立体へと変貌する様子を見えやすく改良し、衣装のヒダを平すパフォーマンスや衣装をコスミックな2人に着せ布を持って美しく退場するシーンまで観客も興味深々でした。

0915709158 09159091510 091511 empty2

コスミックな2人が会場をグルグル回り、もうひとりガラスの人物が登場し空間を支配したシーンから壮大なエンディングへ向かいます。

091520

全員がガラスの棒を持ち硝子の建築物の構造を作り出し、銀の球を掲げてフィニッシュ!

091524
archivestyle
bauhaus1
‐ 2018年12月20日(木) ‐
ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール
bauhaus3top-02
‐ 2019年01月19日(木) ‐
ベルリン
bauhaus0610
‐ 2019年06月08日(土) ‐
〈桑沢学園〉造形教育の源流を探る Bauhaus/
バウハウス再現「ヨハネス・イッテンの授業」
bauhaus0914
‐ 2019年09月14日(土) ‐
Bauhaus Dessau Festival {Bühne} {TOTAL}/
オープニングイベント
bauhaus1014
‐ 2019年10月14日(月) ‐
バウハウス・ランタン祭