NEWS|デザインニュース

2019.09.30シンポジウム PASS the BATON 倉俣史朗を語ろう

情報提供:酒瀬川直樹 ( 教職員 )

1991年に急逝したインテリアデザイナー倉俣史朗(1934~1991年)は、建築、デザイン界に多大な影響を与えた人物です。その影響力はいまだ衰えず、国内外で高い評価を保ち続けています。
倉俣の没後30年が経過した現在、グローバル化、デジタル化が進行し「デザイン」の役割は大きく変貌しています。本シンポジウムはこうしたデザインの過渡期を歩む、倉俣と直接的な接点をもつ機会のなかった現在40歳前後のクリエーターたちが倉俣をどう捉え、どう評価するのか。彼らの視点から倉俣を再考するという、これまでになかったアプローチにより、新たな「倉俣考」を創出するとともに、倉俣が生きた時代のデザインを再考し、デザインアーカイブとして後世にバトンタッチすることを目指しています。

開催期間  2019年11月10日~ 2019年11月10日

会場    東京国立近代美術館 本館講堂

会場住所  東京都千代田区北の丸公園3-1