桑沢デザイン研究所とは

桑沢デザイン研究所とは

〈桑沢デザイン研究所〉の歴史と理念

1954年にデザイン・ジャーナリスト桑澤洋子によって設立された、日本初にして最先端のデザイン学校です。ドイツのバウハウスをモデルとして発足して以来、そのカリキュラムは常に時代を反映してきました。小手先の技ではなく、独創や応用力の源となる「デザインの原動力」を培うため、まずは基礎から総合的に学び、つぎに実践を通じて専門的な技術と応用を身につけていく構成となっています。桑澤洋子の言う「概念砕き」とは、すべての先入観を解体し発想力の転換を求めた言葉であり、学生はさまざまな課題を通してそれを学びます。公開シンポジウムや卒業生作品展など、外に開かれた発表・交流の機会も多彩です。2万人を超える卒業生は、世界を牽引する多くのデザイナーとして活躍し、その業績は各領域で高く評価されています。

教育理念

未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

世界は今、新しい価値、生活文化の新しいあり方を求めて激しく変化しております。
未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

しかし、この目標を達成するには、デザインという専門領域を通じて、新しい明日の生活を具現化することのできる能力を身につける必要があります。
ここに本校の教育指導上の具体的な目標があります。

デザインの領域は不断の広がりを見せています。
自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人物、このような人に是非とも育って欲しいのです。

人間の欲求は限りなく成長し続けます。それは一個の進化のプロセスにもたとえられるでしょう。この人間の欲求に対して、正しい方向、適切な表現を与えることこそ、まさにデザイナーの仕事といってよいでしょう。

来るべき時代の生活文化は、デザイナーによるこうした「仲介」を経てはじめて結実します。本校は、時代をリードするデザイナーの育成を目標としております。

⇒ 国際的な評価へ -FRAME MAGAZINE(蘭)での紹介-

所長あいさつ

デザインとは時代や文化を見極めること〈桑沢〉だからこそできる、「デザインの本質」への追求

浅葉所長

アートディレクター、桑沢デザイン研究所第10代所長。ライトパブリシティを経て、1975年浅葉克己デザイン室を設立。以後アートディレクターとして、日本の広告史に残る数多くの名作ポスター、コマーシャル等を制作する。
日宣美特選、東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADC グランプリなど受賞歴多数。東京TDC 理事長、東京ADC 委員、JAGDA 会長、AGI(国際グラフィック連盟)会員。デザインアソシエーション会長。日本卓球協会評議員、卓球六段。


ーロゴの下に立てば、天からデザインが降りてくる

 1919年ドイツのデッサウに創立されたデザイン学校・バウハウス(BAUHAUS)は、建築・家具・陶芸・写真・テキス タイルなど、ジャンルを越えて新たなデザインを創り出し、世界の美術やデザインに影響を与えました。しかし、ナチスによって1933年には閉校を余儀なくされました。
〈桑沢デザイン研究所〉では、毎年、ドイツのバウハウスの見学ツアーを開催しています。学生にとって現場を見るのはよい体験ですが、私はさらに校舎の壁にある縦で組まれたBAUHAUSのロゴの下で写真を撮ることを勧めています。そのロゴの下に立つと、天からデザインがすっと体に入ってくるような気持ちになりますから。
 バウハウス閉校の後、時代をひらくデザイン教育の場となるべく、その精神を受け継いだ学校が世界各地で誕生していきました。その中で成功した学校で主だったものは、3 カ所。アメリカのノースカロライナにあったブラック・マウンテン・カレッジ(Black Mountain College /1933~57年)、それにシカゴのニュー・バウハウス(New Bauhaus /1937~38年)、そして日本の〈桑沢デザイン研究所〉(1954年~)です。ブラック・マウンテン・カレッジは、バウハウスにいたジョセフ・アルバースが開校した学校で、講師に音楽家のジョン・ケージ、卒業生に美術家のロバート・ラウシェンバーグやサイ・トゥオンブリー。超一級の学校でしたが、経済的な理由で早々に閉じてしまいました。またニュー・バウハウスの流れを汲む学校は、シカゴのイリノイ工科大学に吸収され、元の校舎は跡形もありません。〈桑沢デザイン研究所〉だけが、独立して今も続いているのです。
〈桑沢デザイン研究所〉の強みは、教育方針やカリキュラムが、デザインの本質を突いていることです。文字、言葉、映像、造形など、すべてのジャンルを包括し、同時にそれらを超える新たなデザインを育む場となってきました。元来、日本には縄文時代から平安、江戸を経て現代へと太く続く意匠(デザイン)も備わっています。たとえば縄文時代の逆三角形の仮面を被った土偶(「仮面の女神」、茅野市・尖石縄文考古館蔵)。仮面は謎に包まれていますが、そうしたことを想像することも、新たなデザインにつながるかもしれません。日本の意匠は、中国をはじめ外から入るさまざまな要素を吸収して、内に取り込んでいく力でもありました。
 昨今、日本には海外から多くの人が訪れていますが、日本のデザインへの関心の高さには目を見張るものがあります。デザインに関心のある人たちには〈桑沢〉の名は知られていますから、校舎の入口に看板を立てたいとも思っています。ここは、新たなアイデアが生まれる「デザインの聖地」だと。 
 私は今年、「にっぽん〇△□バウハウス。」という企画イベントの代表を務めます。縄文時代の造形のほか、伊藤若冲や葛飾北斎など日本美術を踏まえながら、デザインに関するシンポジウムをしたり作品を展示発表したりします。デザインであり、バウハウスであり、そして日本の意匠(デザイン)。
〈桑沢デザイン研究所〉を核に、日本のバウハウスとして現代のデザイン界をさらに盛り立てていきます。〈桑沢〉にいることは、すなわち現代のデザインの最前線の風を感じることでもあるのです。時代や国を越え、デザインの本質を探し続ける旅には終わりがありません。

⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所に受け継がれる創造者育成のメソッド」(2013年3月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所・浅葉克己所長が考える新時代のデザイン教育」(2014年4月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「新旧桑沢デザイン研究所生鼎談 浅葉克己氏×高田唯氏×後藤圭介氏」(2015年3月掲載/外部リンク)

blog-banner