桑沢デザイン研究所とは

桑沢デザイン研究所とは

〈桑沢デザイン研究所〉の歴史と理念

あらゆる角度からデザインを学ぶ、日本初にして最先端の学校です。〈桑沢デザイン研究所〉は、デザイン・ジャーナリストだった桑澤洋子によってデザインの総合的な基礎・専門教育機関として1954年に設立されました。
ドイツのデザイン学校・バウハウスをモデルとして発足して以来、そのカリキュラムはいつも時代を映し模索してきました。小手先の技ではなく、独創や応用力をひき出す「デザインの原動力」を培うため、デザインの基礎から総合的に学び、次に、専門的な技術と応用を実践を通じて身につけていく構成となっています。

教育理念

未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

世界は今、新しい価値、生活文化の新しいあり方を求めて激しく変化しております。
未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

しかし、この目標を達成するには、デザインという専門領域を通じて、新しい明日の生活を具現化することのできる能力を身につける必要があります。
ここに本校の教育指導上の具体的な目標があります。

デザインの領域は不断の広がりを見せています。
自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人物、このような人に是非とも育って欲しいのです。

人間の欲求は限りなく成長し続けます。それは一個の進化のプロセスにもたとえられるでしょう。この人間の欲求に対して、正しい方向、適切な表現を与えることこそ、まさにデザイナーの仕事といってよいでしょう。

来るべき時代の生活文化は、デザイナーによるこうした「仲介」を経てはじめて結実します。本校は、時代をリードするデザイナーの育成を目標としております。

⇒ 国際的な評価へ -FRAME MAGAZINE(蘭)での紹介-

所長あいさつ

デザインとは時代や文化を見極めること〈桑沢〉だからこそできる、「デザインの本質」への追求

専門学校 桑沢デザイン研究所 第10代所長 浅葉克己

「〈桑沢〉にこそバウハウスの理念が引き継がれている」
これは、バウハウス初代校長ヴァルター・グロピウスが、設立されたばかりの〈桑沢デザイン研究所〉を訪れたときの言葉です。デザインについて想いを巡らせるとき、浮かび上がる大きな存在、バウハウス。14年しか存在しなかった学校、バウハウスが、いったいどうやって、全世界に通じるようなデザインの基本理念をつくることができたのでしょうか。

〈桑沢〉設立当初から続く課題「ハンドスカルプチャー」は、スケッチをせずにひたすら木を彫り、そこで現れた形を磨き上げていくものです。これはニューバウハウスでも行われていました。形のないものに取り組み、磨き上げ、そこからデザインを創出する。私の授業ではこれを「三本の矢」として教えています。

ものをつくるとき、最初は墨絵のように漠然として何も見えません。
まず、第一の矢として、アートディレクションとフォトグラフィーというイメージの問題。次に、第二の矢として、グラフィックデザインとイラストレーションという国際言語の問題。最後に第三の矢として、タイポグラフィとコピーライティングという言葉の問題。この「三本の矢」で的を射れば、そこに形が現れてくるのです。

東日本大震災の被災地支援を目的に、東北の優れた伝統工芸品を海外で紹介する展覧会にかかわる仕事をしています。実際に東北に赴き、鳴子のこけしを見たときに、彫刻家・ブランクーシの代表作《接吻》が頭に浮かびました。そこで湧き出たイメージを基に創作したのが《双頭のこけし》です。実際に現場に行かないと、こうした発想は決して出てきません。「発想・現場・定着」。この3つを徹底し、まとめ、いかに発信するかということを考えることが大切なのです。

先日、ヘリコプターから東京を見下ろしてみました。俯瞰で見る東京は、アメーバのようで限りがない不思議な街。〈桑沢〉はその最先端・渋谷に立地しています。時代や文化を見極めて、〈桑沢〉だからこそできる、「デザインの本質とは何か」を、ともに追求していきましょう。

⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所に受け継がれる創造者育成のメソッド」(2013年3月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所・浅葉克己所長が考える新時代のデザイン教育」(2014年4月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「新旧桑沢デザイン研究所生鼎談 浅葉克己氏×高田唯氏×後藤圭介氏」(2015年3月掲載/外部リンク)