桑沢デザイン研究所とは

桑沢デザイン研究所とは

〈桑沢デザイン研究所〉の歴史と理念

1954年にデザイン・ジャーナリスト桑澤洋子によって設立された、日本初にして最 先端のデザイン学校です。ドイツのバウハウスをモデルとして発足して以来、その カリキュラムは常に時代を反映してきました。小手先の技ではなく、独創や応用力 の源となる「デザインの原動力」を培うため、まずは基礎から総合的に学び、つぎに 実践を通じて専門的な技術と応用を身につけていく構成となっています。桑澤洋子 の言う「概念砕き」とは、すべての先入観を解体し発想力の転換を求めた言葉であり、 学生はさまざまな課題を通してそれを学びます。公開シンポジウムや卒業生作品展 など、外に開かれた発表・交流の機会も多彩です。2万人を超える卒業生は、世界を 牽引する多くのデザイナーとして活躍し、その業績は各領域で高く評価されています。

教育理念

未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

世界は今、新しい価値、生活文化の新しいあり方を求めて激しく変化しております。
未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

しかし、この目標を達成するには、デザインという専門領域を通じて、新しい明日の生活を具現化することのできる能力を身につける必要があります。
ここに本校の教育指導上の具体的な目標があります。

デザインの領域は不断の広がりを見せています。
自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人物、このような人に是非とも育って欲しいのです。

人間の欲求は限りなく成長し続けます。それは一個の進化のプロセスにもたとえられるでしょう。この人間の欲求に対して、正しい方向、適切な表現を与えることこそ、まさにデザイナーの仕事といってよいでしょう。

来るべき時代の生活文化は、デザイナーによるこうした「仲介」を経てはじめて結実します。本校は、時代をリードするデザイナーの育成を目標としております。

⇒ 国際的な評価へ -FRAME MAGAZINE(蘭)での紹介-

所長あいさつ

デザインとは時代や文化を見極めること〈桑沢〉だからこそできる、「デザインの本質」への追求

pic_about01

「手を動かしながら 伝える形を考える」

 人間が「かく」(書く、描く)もので、国によって異なる文化や考え方が凝縮して現れるのが文字です。なかでも漢字への注目度は、高まっています。
 昨年ソウルで開催されたAGI( 国際グラフィック連盟) では、カナダの学生が象形文字を解読した作品に目を惹かれました。ソウルでは、グラフィックデザイナーの安尚秀(アン・サンス)による象形文字とハングル文字の展覧会も開かれました。
 文字表現として、漢字は圧倒的です。象形文字、指事文字、会意文字、形声文字がありますが、日本には会意の考え方でつくられた漢字が多い。例えば「人」が「木」に寄りかかるイメージの「休」など、既成文字を組み合わせてつくられたのが会意です。組み合わせによって無限の文字をつくりだし、その一つ一つに意味がある。
 私は毎日筆を持ち、臨書をしています。いまは携帯端末などで文字を「打つ」ことの方が多くなりがちですが、なるべく書いて欲しい。筆記用具を持って何かをかくという行為からは、その人の心や何かを伝えたいという気持ちがにじみ出てくるものです。
 デザインする時にも、描くことは欠かせません。グラフィックだけでなく、インテリアでもスペースデザインでも、描くことでイメージを形にでき、見えてくることがあります。最近はデザインの大会でも、手描きをベースにした作品が増えましたが、かくことの価値が見直されているのでしょう。
 昨年、デザインを学ぶアジアの学生の卒業作品展がマカオで開催されました。その会場の脇の公園には、イタリア人マテオ・リッチの銅像が建っています。中国へ西洋の文化を、西欧へ中国の文化を伝えた「文化の外交官」。イタリア人の彼が、筆を持っている姿は印象的でした。
 デザインも新しい形と価値を伝える「外交」といえるかもしれません。私たちも負けずに手を動かし、ともに新たな表現を探っていきましょう。

⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所に受け継がれる創造者育成のメソッド」(2013年3月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所・浅葉克己所長が考える新時代のデザイン教育」(2014年4月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「新旧桑沢デザイン研究所生鼎談 浅葉克己氏×高田唯氏×後藤圭介氏」(2015年3月掲載/外部リンク)