総合デザイン科|昼間部[3年制]

総合デザイン科|昼間部[3年制]

大学の4年制でもなく、専門学校の2年制でもありません。
〈桑沢デザイン研究所〉の昼間部には、3年制の独自のカリキュラムがあります。

1年次では、デザイン以前の基礎を徹底的に鍛え、眠っている感性を開発します。2年次からは、専攻に分かれ、各専門分野の基礎知識・技術を身につけます。そして3年次では、それらの応用を積み重ねることで、デザインに必要な発想力・構築力・独創力を含めたデザインの力を豊かに培っていきます。

変化の早い現代社会においては、テクニックだけのデザインでは活躍の場が限られてきます。
どんな時代、社会になっても、人々の幸せや社会に貢献できるデザインの根本的な力をその身に深く蓄えること。
それこそが〈桑沢〉の目指す教育といえます。

昼間部カリキュラム2

  • ※総合デザイン科では2年次進級時に志望専攻を選択できますが、教育の質を維持するために、2年次進級者最大200名に対して、VD専攻120名、
    PD専攻40名、SD専攻40名、FD専攻40名以内を目安としています。これまでは全員が第1志望の専攻に進級しましたが、1年次の成績や出席
    などを参考に、第2志望の専攻への進級となる場合があります。

1年次 共通課程

1年次 共通課程

「基礎造形」と「基礎デザイン」二つの基礎を通じ「デザインとは何か」を学ぶ

専門分野を学ぶ前に「デザインとは何か」を徹底的に考える1年間です。
〈桑沢デザイン研究所〉では、これをデザインの基礎ととらえ、専攻の志望を問わず、すべての学生が同じ課目で個々の課題に取り組みます。
それは技術を鍛錬するための単なる反復練習ではありません。すでにある概念を疑い、さまざまなできごとや日常に存在するものに冷静な目を向け、ものの本質を考える授業を行います。

桑沢では「手を動かしながら考える」ことを重視しています。ものごとを考え観察し、自ら経験することで、新たな発想を生み出す習慣を身につけていきます。例えば感覚を頼りに、木片を削り出すハンドスカルプチャーなどを行う「基礎造形」の授業では、ユニークな課題を通して、表現の無限の可能性や、素材のもつ多様性を体験します。

「基礎デザイン」の授業では、ビジュアルデザイン、プロダクトデザイン、スペースデザイン、ファッションデザインという、〈桑沢〉の柱となる4分野のデザインに広く触れることで、ジャンルを超えた発想力を培います。
また「デザイン学」では、3年間を通じて行う各種デザイン論でさまざまな実例に触れ、社会や文化を知ることで、身体に染み込んだスキルを活かし、自分のテーマを見つけ出す手助けをします。

デザインには実技だけでなく、それを裏づける論理的な思考や、ものごとを深く観察し、考察にまで高めることが重要です。この両者がそろってはじめてデザインの基礎が養われていきます。

2・3年次専門課程

2・3年次専門課程

4つの専攻から一つを選択し、具体的で実践的な課題に取り組む

2年次では、1年次に考察を積み重ねたデザインの 基礎を実践へと発展させていきます。
4専攻からひとつを選択し、知識や技術を本格的に学びますが、まず、専門の基盤となる高度な技術の修得を行います。

「ビジュアルデザイン」ではタイポグラフィ、写真、パッケージ、コンピュータスキルの基礎などを、「プロダクトデザイン」では製図やスケッチ、モデリングなどを、「スペースデザイン」では家具、インテリア、住宅に関わる製図や模型制作、CAD(2D、3D)などを、「ファッションデザイン」では平面作図や立体裁断、縫製テクニックなどを、それぞれ学んでいきます。

デザイン実習では、リサーチ、企画、そしてプレゼンテーションに至るまで、現実の社会で踏むべきプロセスに沿って制作します。1年次と異なるのは、具体的な条件や制約、自然・社会環境への配慮も視野に入れた、より複雑で現実的な、具体性を伴ったテーマが与えられることです。目的意識を高めて課題に向き合います。また、中間発表や講評会などを通じ、デザインの現場において必然的に求められる高いコミュニケーション能力や協調性、客観的な判断、効果的なプレゼンテーション方法などについても、実践的に修得していきます。

1・2・3年次共通

デザイン学

3年間かけて構築する。デザインが抱える問題群の共有と、問題解決の糸口

デザインを深く知るための独自の合同講義「デザイン学」の主軸にあるのは「社会のなかのデザイン」。市場、技術、環境、福祉、地域などとの関わりのなかで、デザインを生かすための授業です。

1年次には、デザインと呼ばれる活動や取り組みにふれることで、デザインとは何かを知るための第一歩を踏み出します。2年次には、人文・社会・自然科学の視点から、取り組むべき問題は何か、何をテーマにデザインすべきかを考えます。3年次には、さまざまな視点による問題解決の実例を知るとともに、近代以降の社会が抱える問題の把握とその解決に取り組むデザイン活動の可能性を考えます。

1年次から3年次までの3年間をかけてじっくり学びながら、卒業後も自らが探求したい問題やテーマを見つけ出し、取り組むきっかけをつかめるようになるのが、「デザイン学」の大きな役割です。

英会話

将来のデザインに役立つ英会話の基礎力を身につける必須の科目

あらゆるビジネスが国境を越え、世界市場を視野に入れている現在、デザイナーの活躍の場も海外に広がっています。ネイティブの英語教師からリアルな英語を学び、将来のデザイン活動に役立つ英会話能力を身につける必修の科目。これは同時に、発想を豊かにする言語への意識を高める機会にもなります。

自由選択

もっと深く学びたいという希望に応える選択科目

デザインの領域に関係なく、必要な知識を学ぶ必修の「デザイン学」。それに対して、1・2・3年次に共通の「自由選択」の研究プロジェクトは、もっと深く学びたい、関連分野をもっと知りたい、弱点を強化したいといった希望に応える選択科目群です。「美術史研究」や「心理学研究」、「マテリアルカルチャー研究」
など、自分に合った授業を受講でき、学年や専攻を越えて学生同士の交流が深まるのも大きな魅力です。

授業一覧

心理学研究A・B / 美術史研究A・B / メディア文化研究A・B / マテリアル・カルチャー研究A・B
カルチャー英語研究A・B / 構成[力と姿形]/ 構成[版表現]/ 構成[かたち・表現] / デッサン / 彫塑
コスチューム・クロッキー / 印刷実習 / レタリング / ウェアラブルA・B / カースタイリングデザインA・B
コンピュータ演習[基礎の補習と応用] / アパレルデザインプロジェクト
ウェブマーケティング&デザイン[基礎] / 立体を考える・表現する

※一部、学年や専攻を限定している授業もあります