在校生インタビュー

木村 冴

ジャンルを超えて技術を吸収

総合デザイン科 1年木村 冴

  • 1997年千葉県生まれ
  • 2016年茨城県立取手松陽高等学校卒業

大学進学を目指していましたが、受験が上手くいきませんでした。自分がやりたいのはやはり美術というよりデザインだと再認識しました。すぐに見学させてもらえないかと直接問い合わせたのが、〈桑沢デザイン研究所〉でした。了解いただき、ファッションデザインの授業を見せてもらいました。

デザインというと広告というイメージがありましたが、〈桑沢〉ではほかにもいろいろなことが学べる環境であることに惹かれました。入学当初は、ビジュアルデザインを専攻しようと思っていましたが、いまはファッションに興味がわいています。 伝えるという面では、デザインも美術も同じ。でも、両者はかなり違います。美術では、簡単に伝わらないことに魅力がありますが、デザインは、受け手や使う人のことを考えて、伝わらないと意味がありません。その伝え方が大事だということが、よくわかってきました。

デザインについて深く、さまざまなジャンルから学べるため、自分の視野が広がっています。ファッションの人がビジュアルデザインをしても面白いし、その逆もあり。表現の切り口は違っていても互いに通じていて、遠回りと思えるコースをたどることで、かえって新しい表現が生まれることもあるのかなと感じています。

保護者の方からのメッセージ

勧められるがまま高校の美術科に進んだ娘が、自ら選んだのが〈桑沢〉でした。飽きっぽく意志が弱いところが心配でしたが、真剣なまなざしで課題に取り組む姿に、確かに強く歩みはじめたのだなと感じます。〈桑沢〉での縁や経験が未来につながり、拡がり、力となり、娘を彩ってゆくのでしょう。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

山岸 由依

真剣に課題に取り組むことから未知の可能性に気づく

総合デザイン科 ビジュアルデザイン専攻 3年山岸 由依

  • 1994年長野県生まれ
  • 2013年勇志国際高等学校卒業
  • 内定先:株式会社 東京アドデザイナース

美術やデザインの仕事をしたかったので、よい専門学校はどこかと探していました。その頃〈桑沢デザイン研究所〉の卒業制作展を見ました。ほかの学校の卒業制作では、イラストなどで自分を表現するものが多いように見えました。でも〈桑沢〉は違い、自分ではない誰かに向けられた表現ができているという印象。私も、自分のために表現するより、人や環境に合わせて表現することが好きだったのでこの学校にしました。1年生の頃は、たくさんの課題をやるので精いっぱいでした。大変だったのが、授業「平面・色彩構成」の最終課題での、大きなパネル制作。あまりに大変で、もうやめたいとまで思いましたが、3日徹夜してなんとかやり終えました。そのときの達成感は大きかった。手作業は好きでしたが、いろいろな課題を通して、思っていた以上に器用であることに気づきました。

以前は興味をもてなかった、タイポグラフィの面白さにはまっています。明治・大正時代の字体を模写したり、フォント固有のイメージを考えたりしています。フォントに込められたイメージが理解できれば、新しいフォントのデザインに活かすこともできるからです。写真や画像の構成、グラフィックデザインなど、ほかのジャンルに取り組むことで新たな発見もあるのかと思います。それがいまから楽しみです。

保護者の方からのメッセージ

〈桑沢〉への進学は本人が強い確信を持っての結論だったと思います。親子で参加したオープンキャンパスでは、学生たちの清々しい対応と生き生きとした姿に安心感を覚え、将来の我が子を無意識に重ねていました。〈桑沢〉での3年間で培ったものは揺るぎない自信となることでしょう。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

堀越 千春

デザインに正解はない。問題に対して、答え方は無限にある

総合デザイン科 プロダクトデザイン専攻 2年堀越 千春

  • 1988年千葉県生まれ
  • 2006年市原中央高等学校卒業

美大を目指し、8年間浪人しました。が夢叶わず。でも、どうしてもデザインを学びたかったので、ほかの専門学校よりも1年長い3年間、みっちりとデザインを学べる〈桑沢〉を選びました。最初の進路希望はビジュアルデザインでした。しかし課題に取り組んでいるうちに、本当にやりたいのは「手を動かしてものをつくることだ」と気づき、いまはプロダクトデザインを専攻しています。

以前は、他人の作品にあまり興味はありませんでした。「自分が一番だ」「一番にならなければならない」という意識が強かったのかもしれません。けれども〈桑沢〉に入ってみると、クラスの人たちは年齢や経歴、ものをつくってきた期間もバラバラ。そんなみんなの作品を見ていると、素直に作品のよさを認めることができました。それは、デザインに正解はないということ。ひとつの問題に対して、答え方は無限にあります。そのバリエーションが〈桑沢〉にいると見えてきたのです。それに気づいてから、ものをつくることがさらに楽しくなり、よいと思うものの幅も広くなりました。

ものの形に触れることが大好きです。だから、「形」という概念を今よりもっと自分のなかで広くとらえていきたい。そしてそれを工業製品や日用品に落とし込み、多くの人に愛されるようなプロダクト製品をデザインしたいと思っています。

保護者の方からのメッセージ

小さい頃サッカー教室でみんながボールを追いかけているなか、息子はグラウンドに絵を描いているような子でした。今は課題ひとつひとつに妥協することなく、時が経つのも忘れて取り組んでいます。完成作品には、まっすぐな想いと前作よりも成長した姿がうかがえ、親として嬉しく思っています。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

菅原 彩音

精魂尽くして挑んだ課題。その経験から「いま」がある

総合デザイン科 スペースデザイン専攻 3年菅原 彩音

  • 1996年埼玉県生まれ
  • 2014年東京都立晴海総合高等学校卒業
  • 内定先:株式会社 七彩

〈桑沢〉では1年次のときに、ビジュアル、プロダクト、スペース、ファッションの四つの分野について同時に学びます。すべてのデザインの基礎を勉強しつつ、自分がこれから何をしたいのかを確認できるいい機会でした。改めてスペースデザインを学びたいという確信がもてました。

そして2年次になり、1年次のクラスの人と専攻がバラバラになっても、自分の専攻ではわからないところ、たとえばプレゼンボードであればビジュアルの人に、家具であればプロダクトの人に、気軽に相談できるのは〈桑沢〉ならではの利点だと思います。一番大変だったのは、2年次後期の「住環境デザイン」の課題です。建築家の篠原一男が設計した住宅をひとつ選んで分析し、1/30の模型をつくり、最終的にその隣に自分が考える住宅を設計する授業です。模型をつくるのに苦労しました。毎日夜中まで制作して、気づいたら朝ということも……。精魂尽くして体重も落ちるくらいつらかったけれど、いい勉強になりました。

「これだけやったんだ」という達成感を得られ、その成果をポートフォリオに載せることもできて、自信につながりました。インテリア系の会社に就職が決まりました。これからは仕事をひたすら頑張り、会社でも社会でも必要不可欠な人間になることがいまの目標です。

保護者の方からのメッセージ

つらいながらも一生懸命にやるほど好循環が訪れる。社会に出る前に「社会」そのものを学ぶ、絶好の機会をいただきました。この3年間で自らの未来を少なからずデザインできたように思います。この先、誰かの助けとなり、多くの人々に喜んでもらえる仕事ができればいいと願っています。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

矢尾 麻琴

アットホームな環境で社会にアピールできる実力を身につける

総合デザイン科 ファッションデザイン専攻 3年矢尾 麻琴

  • 1995年東京都生まれ
  • 2013年東京都立芦花高等学校卒業
  • 内定先:株式会社 ベイクルーズ

描くのは元来好きでしたが、自分の表現にこだわる美術より、社会に求められているデザインに惹かれていました。予備校の先生や周りの評価が高かった〈桑沢デザイン研究所〉を希望しました。

高校卒業後にすぐ自分に適した専攻を選ぶのは、難しいと思います。美術大学やほかの専門学校に進んでも、間もなくやめてしまう知人もかなりいました。反対に〈桑沢〉の昼間部は、色々なデザインを学びながら考える1年間の猶予期間があったことがよかったと思います。

入学当初はビジュアルデザインを志望していましたが、そもそもデザインと美術の違いがわかりませんでした。でもファッションに触れてみると、その面白さに目覚め、専攻の志望をファッションに変えました。紙のなかで完結するビジュアルデザインと比べて、服は立体になり、完成すれば着ることもできる。クラスは少人数制で、先生も親のように親身になってくれます。この環境だから私は続けられたと思います。就職試験のとき、面接官に「桑沢ってどうしてデザイン画がいいの?」と尋ねられました。よいデザイン画は、服の形や細部を想像できるもの。膨大な量のデザイン画が課され鍛えられてきたので、自信をもってアピールできました。

保護者の方からのメッセージ

本当に実りの多い3年間だったと思います。毎日重い荷物を抱えて満員電車に乗り、夜遅くまで課題に取り組む日々でしたが、家でも明るく振る舞っていました。こうして頑張ってこられたのは、先生方や友人との出会いや支えがあったからこそと感じ、〈桑沢〉でよかったと思います。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

畑邊 紗里

やり残して後悔しないチャレンジを。「好きなこと」の外へ手を伸ばす

デザイン専攻科ビジュアルデザインコース 2年畑邊 紗里

  • 1991年熊本県生まれ、千葉県育ち
  • 2011年東京成徳短期大学幼児教育学部卒
  • 保育士の仕事を経て、2015年、桑沢デザイン研究所入学

幼児教育か美術・デザインか。大学進学時にどちらの方向に進もうか迷いましたが、そのときは幼児教育に進みました。大学卒業後は4年ほど保育士として働きました。仕事は慣れてきましたが、次第に自分にやり残したことはないだろうかと考えはじめるようになりました。変えることができるのはいまのうちだ、やはりデザインをやろうと思い切って転身を決意しました。デザインを学ぶことのできる学校を色々調べましたが、複数の課程があり、さまざま人が集まる〈桑沢デザイン研究所〉の夜間部を選びました。

社会人を経験したといっても、デザインについては知らない状態と同じでした。広告など華やかなイメージがあったデザインにも、細かい作業や技術が必要で、それらを身につけることに苦労しました。そのなかではパッケージデザインは面白いと感じました。実際に取り組むと、興味が広がることも多く、文字そのもののデザインも、そのひとつでした。

さまざまな講義を受け、自分の好きなものをつくるだけがデザインではないということがよくわかりました。社会を意識してマーケティングをし、コンセプトからデザインすることも大事。自分の好きなものの外にまで手を伸ばすと、得られることが多くあると考えられるようになりました。

保護者の方からのメッセージ

ここで学んでよかった」と話す娘の表情に、有意義だった〈桑沢〉での日々を垣間見ました。仕事と両立しながら課題に取り組み、能力差を痛感したこともよい刺激となり、達成感も格別だったと思います。ものづくりのプロセスや人々の「想い」に触れたことは、大きな糧になったことでしょう。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

山岡 明紀夫

自分で考え、行動する。〈桑沢〉で学んだ企画力

デザイン専攻科 プロダクトデザインコース 2年山岡 明紀夫

  • 1989年大阪府生まれ
  • 2008年桃山学院高等学校卒業
  • 2014年京都工芸繊維大学工芸科学部卒業
  • 内定先:株式会社 岡村製作所

〈桑沢〉はコンパクトな学校のため、校内でクラス以外の人たちとも交流できます。年齢層もバックグラウンドもばらばら。しかもみんながデザイナー志望ですから、常に敏感にアンテナを張っている。デザインのみならず、自分の知らない本や音楽、映画などを教えてもらって刺激を受けました。

〈桑沢〉に入るまで、自分には企画力が足りないと思っていました。そんな状況下で受けた2年次の「総合プレゼンテーション」の授業は、苦手意識を大きく変えてくれました。ここでは一風変わった課題が出ます。まずは「自己紹介」。これまでの間、一緒に過ごしてきた友だちの前で、「見せていなかった自分を見せる」という条件付きです。さらに「1000円プロジェクト」。これは1000円を使い、企画を考えて成果を発表するという課題です。ヒップホップで自己紹介したり、1000円の高級塩でおにぎりをつくったり、みんな面白い発想をしていました。自分で考え、行動する。企画力の地盤とは何かについて気づかせてくれました。

デザインは見た目だけでなく、機能性や利便性も重要。人が使うことによって、新しい視野や価値観を見出し、どのように生活が変わるのか、というところまで考える。そこがとても面白い。だから、卒業後もデザインの仕事をずっと続けていきたいと思っています。

保護者の方からのメッセージ

学で学んでいたデザインをもう一度勉強したいと、本人から初めて〈桑沢〉の名前を聞きました。一人暮らしで提出物も多く、昼働きながらの通学が続くものかと心配しておりましたが、弱音を吐くこともなく、楽しい2年間を過ごす様子が伝わってきました。就職も決まり安心しております。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

飯田 航起

学んだのは、デザインを考える上でのさまざまな角度

デザイン専攻科 スペースデザインコース 2年飯田 航起

  • 1987年大阪府生まれ
  • 2006年大阪教育大学附属平野高等学校卒業
  • 2011年慶応義塾大学商学部卒業

社会人として4年間、営業の仕事をしていました。でも、スペースデザインの仕事をしたいと思い、〈桑沢〉に入学しました。入学以前はデザインに直接関わったことがなく、作品をつくること自体が新鮮で、課題がたくさんあっても楽しい毎日です。

授業では、先生に「君たちがいままでやってきたことはデザインじゃないんだ」とよくいわれます。「いままでのはアイデア止まりだ」と。好きなものをつくるだけではダメで、客観的な立場から分析することが大切なのだと教えられました。〈桑沢〉に入る前は、他人がどう思うかなんて想像したこともなかった。「この椅子は、なぜ座りやすいんだろう」という、使う人が快適に思う感覚。そこに目を向けるようになりました。

〈桑沢〉で学んだのは、デザインにおける基礎、強度のようなものだと思います。「よいデザインのためには何を考えるえべきか」「そもそもよいデザインとは何だろう」。デザインの考え方を、多彩な角度から教えてもらいました。「デザインとは何か」という問いは永遠のテーマですが、いまはなんとなく、気持ちよく使えるもの、よい生活ができるようになるもの、人のためになるものが、その本質ではないかと思っています。今後もよいデザインはどんなものなのかを見つけながら、自分の考え方をどんどん更新していきたいです。

保護者の方からのメッセージ

社会人を経験してからの入学。最初、息子から「デザインの勉強がしたい」と聞いたときにはびっくりしました。しかし、本人がやりたかったデザインを〈桑沢〉で基礎からきっちり学ぶことができて、喜んでいます。今後は、〈桑沢〉で学んだことを仕事に活かしてほしいと思っています。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所

東田 真理子

さまざまな分野のデザインを洋服に取り入れる

デザイン専攻科 ファッションデザインコース 1年東田 真理子

  • 1991年青森県生まれ
  • 2010年青森県立大湊高等学校卒業
  • 2012年日美学園日本美容専門学校卒業

社会に出て美容師のアシスタントをしていたとき、ヘアーショーでファッションを担当し、洋服をつくる楽しさを実感しました。また、私は洋服のタグに非常に興味があり、大好きなブランドのタグにあるロゴを調べてみたら、浅葉所長のデザインでした。ファッションだけよりも、広くデザインを学びたいと思い、最初の1年間はバイトをしながら基礎造形専攻に入りました。

授業では「デザイン概論」がとても勉強になりました。ここではさまざまなデザインの歴史を学びます。ファッション以外の分野のものを取り入れ、そのテイストを洋服のデザインに落とし込むことがとても新鮮でした。クラスは少人数制なので、先生が必ずフォローしてくれます。「自分のなかでこういうイメージがあって、こんな感じに描きたいのですが…」という曖昧な質問にも、先生は親身になって応えてくれます。以前は作品を見られるのが嫌でしたが、いまではいろんな人に評価してもらいたいという気持ちが強くなりました。

デザインは自己表現です。自分がデザインしてつくったものを共有してくれる人がいて、その人の役に立てればうれしいです。将来は自分のブランドを立ち上げたい。もちろんタグにはこだわりたい。そして、美容師の経験を踏まえて、自分にしかできないデザインがあるのではないかといま、模索中です。

保護者の方からのメッセージ

「どうしてもデザインの勉強がしたい」と美容師を辞め、〈桑沢〉に入学しました。入学後はファッションデザインに夢中になり、自分の進むべき道を見つけることができました。いまではハードな課題もこなせるようになり、作品を見るたびに娘の成長に感動しつつ、ほっと胸をなでおろしています。

<インタビュー 2017年3月>©桑沢デザイン研究所