夜間・1年制(附帯教育) 基礎造形専攻

夜間・1年制(附帯教育) 基礎造形専攻

社会人やダブルスクールにも適した夜間・月、水、金(定員40名)開講

基礎造形タイトル


*基礎造形専攻 = さまざまな表現活動の基礎能力を学ぶ場
〔対象:〕未経験者からプロフェッショナルのデザイナーまで。
 さまざまな年代・背景の方々が、生活や仕事の場を
 豊かに広げていくために受講



□ デザインやアートの、専門教育につながる基礎力を身につけたい方
□ 広告/出版/製造/サービス/教育などの各業種で、
  企画開発/設計/マネジメントなど、創造的な問題解決を必要とする方
日々の暮らしにデザイン感覚を取り入れたい方



〔受講の動機:受講生の声より〕
仕事と両立しながらデザインを学べる学校を探していました(デザイナー/40代)
〈桑沢〉夜間部への入学前にデザインの基礎を学びたいと思い受講(桑沢夜間部学生/20代)
*デザイナーに任せきりではなく、自分が手を動かすことで新たな開発のヒントに(製造会社代表/50代)
*自分が表現したいことを第三者(クライアント)に的確・効果的に伝えるスキルが欲しい(出版社勤務/40代)

〔受講を終えて:受講生の声より〕
*学生、主婦、会社員、デザイナーなど、さまざまな方と一緒に学べたことが刺激に(大学生/20代)
*いろいろな立場の人が学ぶことが前提のカリキュラムにより、充実した一年間に(デザイナー/40代)
*視点が変わる、拡がる、目からうろこが落ちる。仕事への取組みや発想が変わった(出版社勤務/40代)
*デザインだけでなく身体感覚や言語表現など、思いもよらない部分が鍛えられる(デザイナー/30代)


〔基礎造形専攻 募集概要〕
*開講形態 / 夜間一年制 週3回(月・水・金/18時~21時10分)開講 40名定員
*応募資格 / 高等学校卒業以上の既卒の方、および卒業見込みの方
*選考方法 / 応募書類による応募資格の確認
※先着順受付、定員になり次第締切

*学費(年額) / 総計 380,000円
〔授業料 280,000円 維持費60,000円 施設拡充費40,000円〕


⇒「基礎造形専攻」募集要項
⇒「基礎造形専攻」資料請求

カリキュラム詳細

観察と理解

観察と理解

あらゆる創造のみなもとが、実は私たちの目の前にあります。注意深くものごとを観察すればそこに隠されたさまざまな造形的なヒントをみつけることができます。
デッサンや彫塑を繰り返すことによって対象を把握する力を育て、造形の基礎を築きます。

構成

構成

デザイン・アートをはじめ多様な表現を理解しおこなうためには、直感でなく理論も学んだ上で、かたちを創り出す能力が必要です。
そのために、平面と立体の両面から色彩、形態、素材、構造などの造形原理を探求していきます。
これらのさまざまな実習を通して、色彩や感覚等の身体感覚を鍛えることにより造形表現の能力が広がります。

発想と表現

発想と表現

発想がどこから来て、どのように広がっていくのか予想する事はできません。
先入観をすてて眺めれば、身の回りのあらゆるものが発想を生み出すチャンスに変わります。
さまざまな素材や予想外の面白さを体験しましょう。

主な授業科目

前期

後期

観察と理解

彫塑
デッサン

構成

システムとしての色彩
色彩と心理
形態理論(点・線・面・立体)
形の連続と集積

発想と表現

素材表現体験(色材・紙材等)
ハンドスカルプチャー
(木材・アクリル材)

観察と理解

デッサン
クロッキー

構成(平面系)

作図によるデザイン
(透視図・アイソメトリック等)
コンポジション
グループ制作(プランニング)
感覚と造形
力と形

発想と表現

フリードローイング
グループ制作
(プレゼンテーション)