NEWS|デザインニュース

2010.09.06COMPOSITION -音楽の視覚化への試み-

情報提供:夜間部ビジュアルデザインコース 学生 (デザイン専攻科 ビジュアルデザインコース 2年 在学生 )

視覚を通して、私たちは多様なメディアから様々な情報・イメージを日々受け取っています。つくり手(送り手)であるデザイナーは、デザインの目的を理解し、メッセージを伝えるために、視覚的な意味・印象・効果を考えビジュアルを構成していきます。
桑沢デザイン研究所・VDビジュアルデザインコースの1年次、私たちはビジュアル表現をする上で必要な構成を学びました。(2009〜2010)
授業・構成【平面】では、実習を通してデザインの基礎となる造形要素(色彩・形態・テクスチャー)の理解と感覚を養い、さらに造形的効果・表現の可能性を探っていきます。
最終の課題として、音楽の視覚化を試みました。私たちは、自ら選んだ音楽(曲)を、音色、リズム、旋律に対する記憶、イメージをもとに造形的感性を発揮し、視覚化に取り組みました。
この機会に、「音楽の視覚化への試み」の成果をご覧頂ければ幸いです。

桑沢デザイン研究所
夜間部2年デザイン専攻科
VDビジュアルデザインコース 
構成【平面】・講師:城谷斉彦
(DMより)

開催期間  2010年09月13日~ 2010年09月23日

会場    gallo the living

会場住所  横浜市中区海岸通3-9 横浜ビルB1F

関連URL  http://www.gallotheliving.jp/