NEWS|デザインニュース

2013.01.26基礎造形授業学生作品

情報提供: ( 教職員 )

●色材表現研究
 私たちの身の周りには、色を着けられる素材が沢山あふれています。先入観を捨てれば、「口紅、マニキュア、砂、ビーズ、糸、写真等々」何でも画材の代わりになります。それぞれの色材の個性や特徴や面白さを物理的化学的に引っ張りだすことで、自分の意志以上の表現が生まれます。これらの色材表現を発展させれば、「絵本の背景」「ラッピングペーパー」「テキスタイルパターン」「CDジャケット」など様々なデザインへのモチベーションとなるでしょう。

●紙材表現研究
 紙で色々なテクスチャーをつくりました。

●どんなところで色材表現はつかわれているの?
 様々な色材でつくられた様々な表現が、たくさんのデザインに生かされています。表現体験だけでなく、「色材表現の応用」をいろいろ探してもらいました。(ショーケース横ファイル)

総合デザイン科 1A・1D/VD1B/基礎造形専攻
指導:造形分野 構成担当  大久保 晃

開催期間  2012年06月04日~ 2012年06月22日

会場    桑沢デザイン研究所 1階エントランス