NEWS|デザインニュース

2015.11.20伊達ニッティング

情報提供: ( 教職員 )

全国有数のニットの産地として栄えてきた福島県伊達市。ここで45年にわたりニットの製造業を営む大三とともに、オリジナルのマフラーとブランケットをつくります。
デザインは若手から第一線で活躍するクリエイターまで、177人にボランティアで参加していただきました。
さらに今回は、伊達市立梁川小学校の子どもたちもデザインに挑戦しています。
梁川小学校は、震災で校舎が全壊してしまいましたが、今年の春に建て替えが完了。新しい学び舎で学校生活をスタートしています。今回は小学校の協力を得て集められた子どもたちのデザイン422点のうち、審査で選ばれた6作品を、177人のクリエイター(本校教育職員複数参加)と同様に展示・販売します。
ニットの販売収益金は被災地の子どもたちを支援するために寄付させていただきます。
お好きなデザインのニットを使っていただくことが、東北の応援につながるプロジェクトです。

開催期間  2015年11月25日~ 2015年12月22日

会場    クリエーションギャラリーG8/ガーディアン・ガーデン

関連URL  http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/co_nen_201511/co_nen_201511.html