総合デザイン科 2・3年次 専門課程 PD|プロダクトデザイン専攻

総合デザイン科 2・3年次 専門課程 PD|プロダクトデザイン専攻

自動車、電気製品などの工業デザインから生活用品まで。環境やコストなど、さまざまな制約を乗り越えるデザイン能力を養う

プロダクトデザインでは、携帯電話や文房具、自動車やキッチン用品など、量産されている、目に見えるものすべてが対象となります。人々はその製品を選び、使うことを通して、その人らしく暮らし、生きています。つまりプロダクトデザインには、人間の意識や哲学を変えることのできる力が秘められているといえます。そして、プロダクトデザイナーは、私たちが生きる社会に対して、あらゆる責任を負っているといっても過言ではないでしょう。どんな材料でつくるのか、どのように生産するのか。できあがった製品だけではなく、素材や加工方法など、例えば環境問題にも配慮する必要があります。

カリキュラム詳細

基礎知識や技術はもちろん、求められる社会的責任も

目標

具体的な条件が設定された課題を制作しながらデザインプロセス全体を経験し、2年次後半から始まる就職活動に対応できるようにする。

2年次では、「技術演習」「デザイン実習」「理論講義」の3つの柱を中心に授業が行われ、製図やスケッチ、モデリングなどの表現技術だけでなく、発想力や提案力を身につけます。また後期の課題では、ドライヤーなど具体的なテーマが設定され、デザインにおける一連の過程を体験します。プロダクトデザインの領域は、自動車やオートバイ、電気製品や機器などの工業デザイン、生活用品や雑貨など広範囲にわたります。製品の多くは立体物。しかしデザインの検討は、スケッチや図面など平面で行います。そのため2次元と3次元の垣根を自由に乗り越える能力が求められます。

専門講義
人間と道具の関わりについて考え、プロダクトデザインの社会的責任と可能性を正しく理解します。
前期 後期

材料加工法

材料と加工方法を、設計、製造、使用のそれぞれの場面を通して理解し、新しいものづくりに発展させます。

プロダクトデザイン論Ⅱ

道具、人間、生活、社会、文化、技術、経済のそれぞれの関係を、プロダクトデザインの観点から考えます。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

表現技術ⅡA(製図)

「製図」の意味とルールを把握し、デザインを検討、確認、伝達する表現技術を習得すします。

表現技術ⅡD(カードリーダ)

スケッチ、製図、モデリングの技術を応用して、複雑な要素をまとめる造形力を養います。

表現技術ⅡB(スケッチ)

マーカー、チョークなどの画材を使い、デザイン検討、デザイン伝達に有効なスケッチ技術を習得します。

発想ワークショップⅡ

科学的、分析的な手法で現状を把握し、問題の発見、解決、発想をデザインにつなげる技術を学びます。

表現技術ⅡC(モデリング)

クレイモデル、モックアップモデルを通して、面と稜線を理解し、造形力を養います。

デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通して学びます。
前期 後期

プロダクトデザインⅡA(テープカッター)

使用目的と使用場面を理解し、デザイン上の制約、構造、素材、加工方法を考えながらデザインします。

プロダクトデザインⅡC(インターフェース)

操作シークエンスを実際に確認しながら、マンマシンのインターフェースを学び、使いやすく美しい、魅力的なデザインを完成させます。

プロダクトデザインⅡB(造形演習)

「素材を生かす」をキーワードに作品を制作し、上質なデザインのあり方を探求します。

プロダクトデザインⅡD(ドライヤー)

具体的な要件と制約を設けた製品開発シミュレーションを通して、精度の高いデザインを学びます。

プロダクトデザインⅡE(キッチンツール)

提案型用品をテーマに調査と分析から課題を発見し、それを解決するためのデザインを考えます。

3年次 技術を確実に身に付け応用し、発想を形にできるように

目標

卒業制作やプロダクトデザインに関する研究を深めながら、社会で活動するための準備を整える。実際に使われている高度な工学的技術にも触れる。

コスト、環境への配慮、クライアントの意見など、さまざまな制約のなかで全体を調整し、細部への気配りが求められるプロダクトデザイナー。デザイナーとしての視野を広げる授業や、発想力を鍛える課題が増えます。3年次は、自らの関心に沿ったテーマを設定し、卒業制作に向き合います。コンセプト決定、ラフモデル制作、最終作品の完成、論理的なプレゼンテーションなど、社会に出る前の集大成を行います。

専門講義
人間と道具の関わりについて考え、プロダクトデザインの社会的責任と可能性を正しく理解します。
前期 後期

デザイン実務論

デザインの現場でのコミュニケーションの方法や実務を紹介し、現場認識を深め、視野を拡大します。

手で考える道具と技術

古代の生活技術の体験を通して、環境、生活、道具、技術、知恵について考察し、道具の可能性を探究します。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

デザイン分析

過去、現在の具体的な製品の紹介、分析、批評を行うことで、プロダクトデザインを考察します。

プロダクトデザイン演習

短期間で完結する演習作業とプレゼンテーションを繰り返すことで、提案力、プレゼンテーション能力を向上させます。

人間生活工学

科学的にヒトを測定することでデザインを検証し、その結果を新しい提案に還元していく方法を学びます。

コミュニケーションデザイン

プロダクトデザイン業務におけるグラフィックデザインの活用を学び、表現技術の応用力を養成します。

デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通して学びます。
前期 後期

プロダクトデザインⅢ(自由テーマ)

テーマ設定、スケジュール管理を含めて、自主的にデザインを進行させる能力を養う。

 
ゼミナール/卒業制作
少人数のゼミに分かれ、一流デザイナーによる指導とともに、自らのテーマを掘り下げていきます。

清水久和ゼミ

S&O DESIGN 株式会社 代表取締役・デザイナー

坂本敏昭ゼミ

ナヴァプロダクツ代表取締役・デザイナー

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
プロダクトデザイナー(自動車/生活用品/雑貨/玩具等)、モデラー など



教育職員紹介

専任教育職員

中田和裕 (なかた かずひろ)

桑沢デザイン研究所卒業。札幌市東消防署、本田技術研究所(オートバイデザイン担当)を経て、独立。「nakata-design」のプロダクトデザインを手がける。

本田圭吾 (ほんだ けいご)

東京造形大学卒業。株式会社スノーピークを経て、現職。サステナブル、エコデザインをもとにデザイン教育に携わり、地域技術を生かした製品、商品の企画開発を行う。サステナブルデザイン国際会議実行委員、東京都中小企業振興公社製品開発事業指導員。

桑沢の教員

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します

教育職員一覧はこちら

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

    「人と交わる Motorcycle」

  • 学生作品ギャラリー

    「asatsuyu」

  • 学生作品ギャラリー

    「turtroom」

  • 学生作品ギャラリー

    「君もタップダンサー」

  • 学生作品ギャラリー

    「jitto」

  • 学生作品ギャラリー

    「超小型リハビリロボ Raplus」

  • 学生作品ギャラリー

    「顔皿」

  • 学生作品ギャラリー

    「えどうつわ」

  • 学生作品ギャラリー

    「New Tsaicle」


清水島先生
清水久和(しみず・ひさかず)
桑沢デザイン研究所卒業。キヤノンのデジタルカメラ「IXY Digital」のチーフデザイナーとして同シリーズを世界シェア No.1に導き、ドイツiF賞やGマークなど受賞多数。個「Galerie VIVID」(オランダ)を開催し、新作「FRUITS」シリーズを発表。S&O DESIGN 株式会社代表取締役・デザイナー。

担当教員名

  • 清水久和
  • 中田和裕( 本校専任教員)

製品のデザインは、制約や条件で限定されません。それをデザインで越えていくことが、プロダクトの醍醐味であり楽しさです。デザインの力とは柔軟な発想と造形への飽くなき探求です。既存の方程式を打ちやぶり、プロダクトデザインの新しい地平を拓いていきましょう。このゼミでは前半6カ月をテーマ設定に費やします。テーマこそがデザインに生命を与えるかす。自分のテーマを探し出す。人生のような苦闘のプロセスを経て、作品は制作されます。


坂本先生
坂本敏昭(さかもと・としあき)
多摩美術大学卒業。パナソニック株式会社、デザイン事務所を経て、ナヴァプロダクツ設立。日本各地の伝統工芸品、地場産業の製品デザイン、商品開発コンサルをはじめ、家電製品、通信機器、生活用品、事務機器、公共機器等、幅広くプロダクトデザインを手がける。

担当教員名

  • 坂本敏昭
  • 本田圭吾( 本校専任教員)

一つのデザインをつくり上げるには、さまざまな視点でのバランス感覚が必要です。見る、知る、発想する、形に表現する、検証するという作業の繰り返しにより、独自の表現手法と社会との接点を地道に構築し、バランス感覚を養います。そして誰かの日常に豊かさを提供できたと感じられたとき、自分のデザインや目指す未来が見えてきます。このゼミでは、小さなテーマでも作品を掘り下げ、自分の表現手法や個性を再発見することを目標にします。