デザイン専攻科 1・2年次 FD|ファッションデザインコース

デザイン専攻科 1・2年次 FD|ファッションデザインコース

「ファッションとは何か」「着るとはどういうことか」についての考察を深め、自分の理想とする作品を仕上げていく

ファッションデザインとは : 身にまとうもの(衣服)のデザインのことを指す。 文化や意識の反映だけでなく、衣服には目的や用途により求められるものが変わる。ファッションデザインには、そうした視点も欠かせない。

カリキュラム詳細

1年次 「着る」とは何か、衣服の意味を考え、基礎を固める

目標

歴史を学びながらデザインの新たな概念も踏まえ、知識や技術など、もっとも身近にありながら専門性の高いファッション分野の基礎を学ぶ。

ファッションを見れば時代や地域文化がわかるといわれるほど、衣服は社会を映し出す鏡の役割を担っています。また、身につける衣服で気分は変化します。お気に入りの服を着れば気持ちが高揚し、ゆったりした服ではリラックス気分に。衣服を身にまとうことは、心にも影響を与えます。
1年次はファッションデザイン、ドローイング、モデリング、メーキングなど、衣服をつくるための基礎的な知識や技術を習得します。同時に、自分らしさを追究するために「ファッションとは何か」「着るとはどういうことか」についての考察を深めていきます。そのため素材への理解、歴史、発想力などの基礎を身体に染み込ませます。

講義
デザインについての基本的な知識や社会、思想、文化、歴史など、デザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

服装史

衣服の起源から現代に至るまでの服装の変遷とともに、社会、思想、美意識が、ファッションにどのように影響し、また表現されてきたかを、豊富な資料を用いて学習します。

デザイン概論

デザインについての基本的な知識や、デザインの現在をとらえるために効果的な発想力を身に付けます。そのための方法として新たな概念に触れます。

基礎
デザインの基礎となる造形、空間、色彩、材料、フォルムなどについて学ぶとともに、
ファッションに対する客観的な見方、考え方を身に付けます。
前期 後期

構成

すべての造形表現の基本となる色彩理論とその応用、立体構成を学ぶとともに、ファッションに欠かすことのできないテクスチャーや素材、その加工体験を通して、表現力を養います。

 
デザイン
社会、環境とデザインの関係を学び、商品企画力や、プレゼンテーション能力を高めるとともに、個々の発想、表現、
クリエイション能力を引き出します。
また、ファッションデザインを具現化するために必要な立体把握や技術など、理論に裏づけされた、総合的なデザイン表現力を養います。
前期 後期

ファッションデザインⅠA

ファッションデザインの基礎課程として、生活と衣服、身体と衣服の関係を理解し、基本的な服種に対するデザイン力を養います。

ファッションデザインⅠB

前期に学んだ基本的な服種に対するデザイン力を応用し、さらに造形力や色彩感覚を高めます。

ファッションドローイング

クロッキーの実習を通して、装着する衣服との関係をとらえます。彩色技法や素材の表現を習得し、コスチュームに使用する素材やデザイン画の表現力を養います。

立体裁断

工業ボディを使用し、布地(トワル)を直接留めながら、立体的に衣服をつくるためのドレーピングテクニックを学びます。フォルムの量感をとらえ、平面と立体の関係を把握します。

メーキング

衣服を制作するために必要な道具の扱い方、縫製技術などを基礎から演習する。また、実物制作を通してデザイン、作図、素材の特性や扱い方などを知り、基本的な服種に対する理解を養います。

モデリングA

人体の構造や特徴を把握し、原型との関係を理解しながら、作図の基礎理論を学びます。平面作図から立体を組み立てる操作を繰り返し、作図力を養います。

2年次 発想を形にできる力とともに広い視野を身に付ける

目標

総合的な表現力や立体バランスの把握力を深め、さらに幅広く専門知識を学ぶ。最終講評で、商品企画からプレゼンテーションまで2年間の成果を発表する。

2年次には基礎を発展させて、自らのテーマに取り組みます。「自分はどのような表現をするべきか」「自分らしいオリジナリティのある服とは何か」など意識的にファッションと向き合うことが、とくにファッションには雑貨や小物を含めたコーディネイトは重要で、トータルでの見せ方が求められる時代になってきました。
さらにファッションにおける応用は、思い描く形に作品を仕上げる技術だけでなく、企画力や現場の知識も必要です。ファッション業界のさまざまな職種にも対応できる力を身につけるために、授業では企画 から製品化までの流れを学習し、企画による展示会までのプロセスを学びます。

講義
デザインについての基本的な知識や社会、思想、文化、歴史など、デザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

現代デザイン論

デザインおよび隣接するアートなどの分野で活躍している講師を招聘します。制作現場のエピソードを聴きます。また現代社会におけるデザイン活動を通して、これからのデザインのあり方を考えます。

ファッションビジネス

アパレル業界における商品計画の実態と専門知識を学びます。ファッション産業の構造、消費者行動、ファッション情報、トレンド情報の分析、ファッション分類など、これからのファッション産業について考察します。

デザイン
社会、環境とデザインの関係を学び、商品企画力や、プレゼンテーション能力を高めるとともに、個々の発想、表現、
クリエイション能力を引き出します。
また、ファッションデザインを具現化するために必要な立体把握や技術など、理論に裏づけされた、総合的なデザイン表現力を養います。
前期 後期

ファッションデザインⅡA

基本的な服種の形態を理解し、雑貨デザインの特徴も学び、トータルでの見せ方を演出する表現力を養います。

ファッションデザインⅡB

前期に学んだ多様な服種の特徴を理解し、さらに現代社会のニーズにこたえるファッションとは何かを、総合的に考察し、感覚と表現力を養います。

企画A

商品企画を立案し、工業パターン・仕様書を作成後、縫製を依託し製品化する。さらに、情報の分析、ファッションイメージの分類、トレンドマップ、VMDなどを作成し、プレゼンテーションします。

企画B

アパレルビジュアル・プレゼンテーションの作成実習カリキュラム。アパレル・マーチャンダイジングの一連の流れに沿った企画立案~表現伝達の演習。ニットの基礎知識とデザインの特徴を学びます。

モデリングB

モデリングAで学んだことを土台にして、シルエットと構造線の関係を把握します。デザインを立体化する際に必要な構造線、量感などを理解し、応用力を高めます。

モデリングC

モデリングBで学んだことを土台にして、各自のデザインの立体表現へと応用、発展させます。服種によるゆとりの変化や、構造線の特徴、およびフォルムの関係の理解を深めます。

トータルメーキング

コーディネートファッションの実物制作を通して、デザイン、作図、素材の特性や扱い方、コーディネートのバランスなどを知り、服種に対する理解を養います。

テキスタイル

糸や布を染める基本知識やシルクスクリーンによる染色や加工法を学び、さらに織り物・編み物の実習を通して、テキスタイルの基礎を習得します。

授業紹介

1年次 企画

ブランドの立ち上げから製品化まで
現場を体験

現場で行われるすべての流れを実習していきます。商品の企画立案から始まり、消費者のターゲット、年齢層、どんな品揃えがいいのか、店舗展開などをトレンドマップにまとめ、自分自身のブランドを立ち上げます。デザイン、パターンを作成し、実際に縫製工場に依頼。素材の種類や縫い方、指示、附属など、発注するにはさまざまな知識が必要とされます。最終的に製品化したものをプレゼンテーションし、ブランドを完成させていきます。

2年次 テキスタイル[染・織]

自分らしい衣服をつくる第一歩

昼間部では2年次の後期に学ぶ「テキスタイル[染・織]」の授業。今期から新たに夜間部に新設されました。動物の毛や皮、植物の繊維、さらに化学合成された糸など、さまざまなバリーションに富んだ生地。その魅力を引き出した衣服をつくることは、ファッションデザイナーにとって、もっとも大切な部分です。その素材や布の特色を知るだけでなく、自らその毛や糸を編み、織り、染めながらサンプルを製作し、オリジナリティある作品をつくり出します。

2年次 モデリングC

構造線と量感を意識して、平面から立体へ

人体はどのような構造なのか。それは徹底的に観察をすることです。1年次では身体の特徴を理解し、作図の基礎理論を学びます。2年次のこの授業では、平面から立体を組み立てる作業を繰り返しながら、培った作図力を土台にして、シルエットと構造線の関係を把握します。デザインを立体化するときに大切なのは構造線と量感です。服の種類によるゆとりの変化や構造線の特徴、フォルムを意識してデザインの立体表現へと発展させます。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
ファッションデザイナー/パタンナー/コーディネィター/マーチャンダイザーなど



学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー