総合デザイン科 2・3年次 専門課程 FD|ファッションデザイン専攻

総合デザイン科 2・3年次 専門課程 FD|ファッションデザイン専攻

「着る」という普遍性を見据えてデザインを展開する。基礎を固めたうえで、枠にとらわれない自由な発想を目指す

ファッションデザインとは : 身にまとうもの(衣服)のデザインのことを指す。
文化や意識の反映だけでなく、衣服には目的や用途により求められるものが変わる。ファッションデザインには、そうした視点も欠かせない。

カリキュラム詳細

2年次 専門的な知識と技術を学び、揺るぎない基礎を築く

目標

ファッションデザインを学ぶにあたってのテクニックや知識など基礎力を付ける。また、講義科目では、ファッションに関わる幅広い領域を学ぶ。

ファッションデザイン専攻の中心は、「ファッションデザインⅡ[クリエイション]」です。この授業では、自由に発想を広げていくことを目標に、自分なりのイメージを形づくる訓練を行います。
流行を追うだけのデザインは、表層的で展開力に欠けます。大切なのは基礎を固めたうえで個性を発揮することです。まずはそのための基礎知識と技術を学習します。身につけている服、アイテムを考察し、ファッションデザインをしっかりと意識します。服の種類からアイテムの構造、素材、平面作図やモデリングの基礎、縫製の技術などを徹底して身につけます。

専門講義
ファッションの基礎となる歴史、色彩、材料、ファッション産業などについて学ぶとともに、
ファッションに対する客観的な見方、考え方を身に付けます。
前期 後期

服飾美学

衣服の起源から現代に至るまでの服装の変遷を学び、ファッションの素養を高め、さらに素材の歴史や特徴も学びます。

色彩・材料

色の理解を深め、服飾配色の上達を目指します。素材に触れながら、さまざまな材料の特性を理解します。

文明論

現代思想の最前線で問題となっている議論を多角的に展望し、現代ファッションを分析するための基礎知識を学びます。

ファッションビジネス

ファッション産業の仕組み、仕事の内容、これからのファッション産業について考察します。

デザイン
社会・環境とデザインの関係を学び、基本的服種に対する理解を高めるとともに、個々の発想、表現、クリエイション能力を引き出します。
また、ファッションデザインを具現化するために必要な立体把握や技術など、理論に裏づけされた、総合的なデザイン表現力を養います。
前期 後期

ファッションデザインⅡ(ベーシック)

生活環境に沿った衣服の形態を体系づけ、総合的に考察する能力と表現力を養います。

ファッションデザインⅡ(クリエイション)

さまざまな発想練習を通してデザインの創造力を高め、表現力とコミュニケーション能力を養うとともに個性を引き出します。

ファッションドローイング

人体の動き、骨格、筋肉を知り、クロッキーの実習を通して、装着する衣服との関係をとらえる。彩色技法や素材の表現方法を習得し、デザイン画の表現力を養います。

テキスタイル

プリントパターン、シルクスクリーン、機織、編等の実習を通して、テキスタイルデザインの基礎を習得します。

モデリングⅡA

平面作図の基礎を学び、平面と立体の関係を把握し、パターンの理解や構造線バランス感覚を養います。

モデリングⅡC

ジャケット、ワンピースなどのモデリングを通して、立体構造の理論やテーラードの特徴を理解します。

モデリングⅡB

立体裁断の基礎を学び、平面と立体の関係を把握し、量感やバランス感覚を高めます。

トータルメーキング

前期に学んだ平面作図や立体裁断技法を応用し、ジャケットなどの実物制作を通して、総合的な表現力を養います。

テクニック

衣服制作上の基本的な縫製技術を習得し、自らのデザインの表現力を高めます。

 

3年次 ビジネスのルールや市場を理解し、柔軟な応用力をつける

目標

ビジネスにより近いテーマの課題に取り組みながら、プレゼンテーションやポートフォリオを充実させる。卒業制作を通して、自分の目指す領域を探求する。

2年次で学んだ発想と表現力を発展させて自分自身の世界観を築き上げ、卒業制作へと向かいます。それは技術の向上だけでなく、ファッション産業やブランド設立、商品企画について学ぶことで、ファッションに対する客観的な視点を養います。
さらに、自分のブランドを立ち上げ、商品を企画立案し、製品化までの流れを実習し、企業における展示会までのプロセスを学びます。重要なのは自己表現を追究するとともに、マーケットや消費者のニーズを理解すること。ゼミナールでは、「着る」という普遍性をあらゆる面から考え、デザインを展開していきます。

専門講義
ファッション産業についての理解を深めるために、ブランド設立や企画、歴史などについて学ぶとともに、
ファッションに対する客観的な見方、考え方を身につけます。
前期 後期

ファッション各論

ファッションの動向について、客観的な見方や考え方を学び、先見性のある視野を獲得します。

ファッション・コミュニケーション論

ファッション産業における専門知識を学びます。現状のアパレル業界の実態を把握し、これからのファッション産業について考察します。

商品企画論

ファッション市場の調査、トレンド、ファッション方向などの分析から、マイブランドの商品を企画・立案します。

 

現代ファッション史

服装の変遷とともに、社会、思想、美意識がファッションにどのように影響し、また表現されてきたかを豊富な資料を用いて学習します。

 
デザイン
社会・環境とデザインの関係を学び、商品企画力や、プレゼンテーション能力を高めるとともに、個々の発想、表現、クリエイション能力を引き出します。また、ファッションデザインを具現化するために必要な立体把握や技術など、理論に裏づけされた、総合的なデザイン表現力を養います。
前期 後期

ファッションデザインⅢ

ファッションの時代性、社会生活の方向、モードの本質などを把握し、企画力、造形力を高めます。

商品企画

マイブランドの商品を企画立案し、工業パターン、仕様書を作成後、縫製工場へ委託して製品化するという、アパレルの仕事の流れを体験します。

トータルプレゼンテーション

企画立案し、作品発表に際して、資料や企画書のまとめ方や、発表力など総合的なプレゼンテーション能力を高めます。

立体裁断

立体裁断の技術を訓練し、シルエットやフォルムの表現力を身に付けます。

リビングテキスタイル(選択)

生活環境の中のさまざまなテキスタイルデザインについて考察し、素材や機能などデザイン表現の幅を広げます。

アパレルパターンメイキングCAD(選択)

アパレル産業で活用されているコンピュータ支援システムなどを学びます。

 
ゼミナール
少人数のゼミに分かれ、一流デザイナーによる指導とともに、自らのテーマを掘り下げていきます。

眞田岳彦ゼミ

眞田造形研究所代表(衣服造形家)

藤田恭一ゼミ

ギルド エフ代表(ファッションデザイナー)

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
ファッションデザイナー/パタンナー/コーディネィター/マーチャンダイザーなど



教育職員紹介

専任教育職員

中村淑人 (なかむら よしひと)

大塚テキスタイルデザイン専門学校卒業。オンワード樫山を経て、恩師吉田三郎に師事。本田技研工業青山ウエルカムプラザ・HONDAレディーのユニフォームをはじめ、ショールームやイベントユニフォームやさまざまなアパレルメーカーのライセンスブランドに参加。

辺見小百合 (へんみ さゆり)

桑沢デザイン研究所卒業。東京ブラウス株式会社(パタンナー担当)を経て、桑沢デザイン研究所専任教員。株式会社アミコファッションズステップI・II・パンツトレーニングジャケット講習会修了。

桑沢の教員

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します

教育職員一覧はこちら

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

    「ネオシュールレアリスム」

  • 学生作品ギャラリー

    「POKER FACE」

  • 学生作品ギャラリー

    「変身」

  • 学生作品ギャラリー

    「恋しい気持ちは蔓草のように」

  • 学生作品ギャラリー

    「個己分裂」

  • 学生作品ギャラリー

    「Il mare」

  • 学生作品ギャラリー

    「Veränderung(変化)」

  • 学生作品ギャラリー

    「CeLL」

  • 学生作品ギャラリー

    「遣る瀬無く着いて」


眞田先生
眞田岳彦(さなだ・たけひこ)
イッセイミヤケでデザインを学ぶ。ロンドンに在住し造形を学び、彫刻家リチャード・ディーコンの助手を務め、独立。「越後妻有アートトリエンナーレ 大地を包むアートプロジェクト」ディレクター、企業のデザインディレクションなど。眞田造形研究所代表、東北芸術工科大学客員教授。著作に『考える衣服』(スタイルノート)。

担当教員名

  • 眞田岳彦
  • 中村淑人(本校専任教員)

本ゼミでは卒業制作「生きるための衣服」の前段階として、人が生きるためのデザイン考察をテーマに、生活のためのリビング・テキスタイルデザインや、衣服のためのテキスタイルデザイン、また、心のためのテキスタイルケア(医療や人の心と向き合うテキスタイル制作)といった、新しいテキスタイル分野からの学びを通し、「生きるための衣服」の基本となる心の考察と作品制作を体験します。特にアートの思想や衣服とテキスタイルの造形デザインの学びから、衣服造形・デザインの基本となるコンセプト(何を伝えるか)や、素材制作技術から形態、そして他者へ伝えるためのパフォーマンスやインスタレーションによる発表など、自己表現の育成もおこないます。


藤田先生
藤田恭一(ふじた・きょういち)
桑沢デザイン研究所卒業。イッセイミヤケを経て、独立。オリジナルブランド「Kyoichi Fujita」を立ち上げる。毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。ピエール・カルダンジャパン・ニューヨーカーのクリエイティブディレクターを務める。

担当教員名

  • 藤田恭一
  • 金子祥江 (本校専任教員)

桑沢には固有の言葉(表現)があるので、その言葉で語ります。「基礎造形」「基礎デザイン」「立体」から立体・平面の基礎を学びます。色やかたちを考えるうえで欠かすことのできない言葉です。「テキスタイル」「モデリング」からは身体や布との会話を学びます。語る言葉(テーマ)は自由。ただし学んだ桑沢の言葉(表現)で作品を語ること。そこには決してほかにはない、優しさや緊張感があり、ひたむきさがあり、若さの喜びがあります。