デザイン専攻科 1・2年次 SD|スペースデザインコース

夜間SD2019

住宅、商業空間、都市計画など、空間の成り立ちを理解し、人の豊かさや幸福のあり方の可能性を創造する

スペースデザインとは:エレメント、インテリア、住環境という目に見える形をつくるが、本質的には「人」「モノ」「空間」という3つの関係のデザインのことを指す。「都市」とどのような関係を持つかという建築的な視点も必要。

-KDS-SD:SD分野 Official Web-

カリキュラム詳細

1年次 人と人、人と空間などの「関係のデザイン」について探究

目標

造形発想、空間把握のためのデッサンなど基礎を学びながら、「空間デザイン」のあり方について考察する。

前期は、デッサンや製図(ドローイング)などの基礎を身につけます。 人が過ごす空間の機能的な問題に加え、人がどのような感情を日々抱くのかなど、人間の身体性からの着想を学びます。後期は実習を通して、家具やインテリア、建築設計における具体的な知識を修得します。

講義
デザインと技術、社会、文化の関係の歴史的な変遷を概観しつつ、環境、都市、建築、空間のデザインをめぐるさまざまな今日的状況を中心に学びます。
前期 後期

空間論

近代から現代に至るまでの建築史と日本のインテリア史を学び、空間デザインにおける問題を考察、議論できる知識を習得します。

デザイン論

近代デザイン史を通して、デザインを学ぶ上で必要な基本的知識と思想をその社会的、文化的、歴史的背景を含めて幅広く学びます。

基礎
空間を設計するデザイナーとして、イメージを形にするためになくてはならない、描く力や、立体造形力を養います。
前期 後期

デッサン

人やモノを観察することを通して、対象の質感、量感などを的確に表現することや、空間を把握する能力を養います。

 

ドローイング

インテリア、建築設計製図の知識、技術取得を通し、自らデザインしたものを図面化する基本的な能力を身に付けます。

 

空間構成

小さな空間をさまざまなテーマ、方法、素材によりデザインすることを通して、空間デザインの基礎を学びます。

 

造形発想

立体の構成要因である用途、材料、技術に対する基礎的な考え方と、構造、機能などに対する直感力、構成力を養います。

 
デザイン
空間を構成している、インテリア、エレメント、住環境を主軸とし、感性、技術、理論を総動員して一連のデザインプロセスに取り組みます。リサーチから発想、構想、制作、プレゼンテーションまで、一つひとつの過程を大切にしながら、主体的、計画的にデザインを展開し、各人の思考や想いを形にしていきます。
前期 後期
 

インテリアデザインA

都市における小規模のインテリア空間をリサーチしながら、基礎的な商空間の設計を学びます。

 

エレメントデザインA

歴史上の代表的な家具も含めた一般的な木製家具の構法の理解をもとに、基礎的なエレメントデザインの設計を学びます。

 

住環境デザインA

歴史上の代表的な住宅や現代都市における住環境のリサーチを通して、基礎的な住宅設計を学びます。

2年次 スペースデザインの根本を深く理解し、大きな命題に挑戦

目標

1年次に学んだ空間造形力や基本技術をベースに、より実際的なデザイン課題に取り組む。思考力、造形力も高めながら最終課題の制作を進める。

2年次では、「人と社会/都市との関係性からスペースデザインを考える」といった命題に取り組みます。スペースデザインには、法律上の規制など、さまざまな制約がつきものです。そのなかで、必要とされる住環境や商空間のイメージを根本から創出する力を培っていきます。

講義
デザインと技術、社会、文化の関係の歴史的な変遷を概観しつつ、環境、都市、建築、空間のデザインをめぐるさまざまな今日的状況を中心に学びます。
前期 後期

現代デザイン論

デザインおよび隣接するアートなどの分野で現在活躍している講師を招聘します。制作現場の話や制作のエピソードを聴きます。また現代社会におけるデザイン活動を通して、これからのデザインのあり方を考えます。

空間デザイン論

前半は、映画におけるメディア、モノや日常的な音、音響メディアについての考察を行います。後半は、毎週スペースデザイン分野に関わる専門家を招き、幅広い視点のレクチャーを行います。

デザイン
空間を構成している、インテリア、エレメント、住環境を主軸とし、感性、技術、理論を総動員して一連のデザインプロセスに取り組みます。リサーチから発想、構想、制作、プレゼンテーションまで、一つひとつの過程を大切にしながら、主体的、計画的にデザインを展開し、各人の思考や想いを形にしていきます。
前期 後期

インテリアデザインB

実在する商空間のリサーチを通して、商空間の新たな可能性を追求した設計演習を行います。

インテリアデザインC

現代社会における商空間のあり方を再考し、新しい商空間デザインの可能性を追求します。

エレメントデザインB

モノと空間の新しい関係を追求し、今までにないエレメントデザインの可能性を追求します。

エレメントデザインC

空間を構成するエレメントのあり方を再考し、新しいエレメントデザインの可能性を原寸大の実制作を通して表現します。

住環境デザインB

戦後日本の住宅建築史を学びながら、現代都市における住環境を、設計演習を通して再考します。

住環境デザインC

集合住宅の設計を通して、個の空間が、現代の都市環境の中でどのように集合することが理想的かを学び、住環境デザインの可能性を追求します。

授業紹介

1年次 住環境デザインA

世界を代表する住宅例を通し実験的な住宅に挑戦する

現代日本における住宅・建築設計は、世界的に見ても最先端です。そのような住宅の実例を、模型づくりや図面のトレース、実際の住宅見学を通して深く学び、最終的にはある具体的な敷地条件で住宅を設計します。渋谷のような非日常的な環境のなかでとらえるインテリアとは違い、住宅は日常性に根ざしています。現代の住宅における価値観は、時代とともにさらに多様性を増していますが、そのなかでも変わらない価値観とは何か。その日常性を探ります。

2年次 インテリアデザインC

空間を構成するエレメント 実物を制作しながら再認識

空間を構成するエレメントのあり方を再考し、新しいエレメントデザインの可能性を、原寸大の制作を通して表現していきます。たとえばイスや机といった家具など、空間を構成する要素のデザインを行います。自分のなかにあるイメージを平面に描き出し、素材、線や面、ボリュームなどの形をつくることからはじめます。ここで大切なのは、空間を構成するエレメントのあり方を再認識することです。段階を踏みながらデザインのプロセスを学び、実物を制作していきます。

2年次 エレメントデザインC

都市と商空間の問題を調査し、新たな空間を創造する

この授業では、主に物販・飲食などの商業空間を扱います。渋谷周辺は、東京でも特に最先端の商業建築が建ち並びます。それらを実際に体験し、リサーチするこ とからはじめます。ただ単に新しい商空間を考えるのではなく、都市環境が商空間に与える影響を分析的にとらえることが、新しい商空間の創造につながります。授業では、リサーチをダイアグラムにまとめたり、そのダイアグラムをどのように空間デザインに変換していくかを、具体的な敷地をもとに行います。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
建築設計/インテリアデザイナー/商業施設デザイナー/リフォームデザイナーなど



教育職員紹介

専任教育職員

大松俊紀 (おおまつ としき)

京都工芸繊維大学卒業。The Berlage institute Amsterdam(オランダ) 修了。文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員(オランダ)。大松俊紀アトリエ代表(一級建築士)。渋谷駅桜丘口地区再開発計画デザイン・アートワークコンペ優秀賞(一等)受賞など。

藤原俊樹(ふじわら としき)

武蔵野美術大学大学院修了。空間演出デザイン学科研究室助手、空環計画研究所を経て、デザインスタジオ設立。JASTAビエンナーレ大賞(文部大臣賞)受賞。主要な作品に「トヨタ博物館」「リビングデザインセンターOZONE」「岩宿博物館」「襟裳岬『風の館』」など。

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

卒業生紹介

  • 小田 竜太郎

    建築家

    小田 竜太郎

    高学歴の人たちが多い建築業界のなか、私はバイタリティーで勝負しているのかもしれません。現在は、住宅やクリニックの設計を主とする建築事務所に所属しています。仕事の…

  • 粟野 雄介

    インテリアデザイナー

    粟野 雄介

    nendoは、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広くデザインを手がけています。社内は大きくは、「クウカン系」と「モノ系」に分かれていて、私は「クウカン系」を担当しています。とはいえ、両チームに…

  • 西尾 健史

    インテリアデザイナー

    西尾 健史

    空間デザインを中心に、家具製作、ワークショップの主催など幅広く活動しています。共通しているのは「人とモノ、人とまちの関わり方」です。きっかけは東日本大震災でした。当時は設計事務所に勤めていましたが、…

  • 小川 暢人

    インテリアデザイナー

    小川 暢人

    僕はインテリアデザイナーをしています。手がけているのは、主にオフィスの内装デザインです。オフィスのデザインは、企業ブランディングも含め、その会社が思っているものを空間で…