デザイン専攻科 1・2年次 SD|スペースデザインコース

デザイン専攻科 1・2年次 SD|スペースデザインコース

住宅、商業空間、都市計画など、空間の成り立ちを理解し、人の豊かさや幸福のあり方の可能性を創造する

スペースデザインとは : エレメント、インテリア、住環境という目に見える形をつくるが、本質的には「人」「モノ」「空間」という3つの関係のデザインのことを指す。「都市」とどのような関係を持つかという建築的な視点も必要。

カリキュラム詳細

1年次 人と人、人と空間などの「関係のデザイン」について探究

目標

造形発想、空間把握のためのデッサンなど基礎を学びながら、「空間デザイン」のあり方について考察する。

前期は、デッサンや製図(ドローイング)などの基礎を身につけます。 人が過ごす空間の機能的な問題に加え、人がどのような感情を日々 抱くのかなど、人間の身体性からの着想を学びます。後期は実習を 通して、家具やインテリア、建築設計における具体的な知識を修得 します。たとえば、壁や棚など、空間の最小の構成要素であるエレ メント。それを検討することで、空間の成り立ちを理解し、そこに 存在するものが空間に与える影響について考察していきます。

講義
デザインと技術、社会、文化の関係の歴史的な変遷を概観しつつ、環境、都市、建築、空間のデザインをめぐるさまざまな今日的状況を中心に学びます。
前期 後期

空間論

近代から現代に至るまでの建築史と日本のインテリア史を学び、空間デザインにおける問題を考察、議論できる知識を習得します。

デザイン論

近代デザイン史を通して、デザインを学ぶ上で必要な基本的知識と思想をその社会的、文化的、歴史的背景を含めて幅広く学びます。

基礎
空間を設計するデザイナーとして、イメージを形にするためになくてはならない、描く力や、立体造形力を養います。
前期 後期

デッサン

人やモノを観察することを通して、対象の質感、量感などを的確に表現することや、空間を把握する能力を養います。

 

ドローイング

インテリア、建築設計製図の知識、技術取得を通し、自らデザインしたものを図面化する基本的な能力を身に付けます。

 

空間構成

小さな空間をさまざまなテーマ、方法、素材によりデザインすることを通して、空間デザインの基礎を学びます。

 

造形発想

立体の構成要因である用途、材料、技術に対する基礎的な考え方と、構造、機能などに対する直感力、構成力を養います。

 
デザイン
空間を構成している、インテリア、エレメント、住環境を主軸とし、感性、技術、理論を総動員して一連のデザインプロセスに取り組みます。リサーチから発想、構想、制作、プレゼンテーションまで、一つひとつの過程を大切にしながら、主体的、計画的にデザインを展開し、各人の思考や想いを形にしていきます。
前期 後期
 

インテリアデザインA

都市における小規模のインテリア空間をリサーチしながら、基礎的な商空間の設計を学びます。

 

エレメントデザインA

歴史上の代表的な家具も含めた一般的な木製家具の構法の理解をもとに、基礎的なエレメントデザインの設計を学びます。

 

住環境デザインA

歴史上の代表的な住宅や現代都市における住環境のリサーチを通して、基礎的な住宅設計を学びます。

2年次 スペースデザインの根本を深く理解し、大きな命題に挑戦

目標

1年次に学んだ空間造形力や基本技術をベースに、より実際的なデザイン課題に取り組む。思考力、造形力も高めながら最終課題の制作を進める。

2年次では、「人と社会/都市との関係性からスペースデザインを 考える」といった命題に取り組みます。また、原寸大のエレメント制 作を通して、コンセプトを具現化する授業も行います。スペースデ ザインは法律上の規制など、さまざまな制約がつきものです。その なかで住環境や商空間を根本から創出する力が要求されます。空 間内にあるもの(エレメント)のデザインの前に、「どのような空間 が必要か」というイメージを形づくる能力を培っていきます。

講義
デザインと技術、社会、文化の関係の歴史的な変遷を概観しつつ、環境、都市、建築、空間のデザインをめぐるさまざまな今日的状況を中心に学びます。
前期 後期

現代デザイン論

デザインおよび隣接するアートなどの分野で現在活躍している講師を招聘します。制作現場の話や制作のエピソードを聴きます。また現代社会におけるデザイン活動を通して、これからのデザインのあり方を考えます。

空間デザイン論

前半は、映画におけるメディア、モノや日常的な音、音響メディアについての考察を行います。後半は、毎週スペースデザイン分野以外の専門家を招き、幅広い視点のレクチャーを行います。

デザイン
空間を構成している、インテリア、エレメント、住環境を主軸とし、感性、技術、理論を総動員して一連のデザインプロセスに取り組みます。リサーチから発想、構想、制作、プレゼンテーションまで、一つひとつの過程を大切にしながら、主体的、計画的にデザインを展開し、各人の思考や想いを形にしていきます。
前期 後期

インテリアデザインB

実在する商空間や素材のリサーチを通して、身体性をキーワードに商環境の新たな可能性を追求した設計演習を行います。

インテリアデザインC

現代社会における商空間のあり方を再考し、新しい商空間デザインの可能性を、時間をキーワードに追求します。

エレメントデザインB

現代社会において大量生産されるエレメントデザインのあり方を再考し、新しいエレメントと空間のあり方を追求します。

エレメントデザインC

空間を構成するエレメントのあり方を再考し、新しいエレメントデザインの可能性を原寸大の実制作を通して表現します。

住環境デザインB

戦後日本の住宅建築史を学びながら、現代都市における住環境を、設計演習を通して再考します。

住環境デザインC

集合住宅の設計を通して、個の空間が、現代の都市環境の中でどのように集合することが理想的かを学び、住環境の可能性を追求します。

授業紹介

1年次 住環境デザインA

実地調査から都市への新しい提案を導く

「空間」を考える手がかりとして「住環境」を学びます。テーマは「自分ともう一人=共同」。社会性のあるテーマを設定し、空間を総合的にデザインします。
また東京の居住状況のリサーチを行い、都市人口の急速な増加や、高齢化といった社会構造の変化を踏まえて、歴史的、科学的に検証を進めます。そして未来の都市の暮らしに対して、新しい提案を行います。最終提出物は図面と模型。状況に応じて原寸大の模型や一部実制作にも取り組みます。

2年次 インテリアデザインC

インテリアを通して現代社会を考える

「感覚の世界をデザインする」ことをテーマに、微細性、可変性、浮遊性、不明瞭性などをキーワードに、人の心をかたちにするインテリアデザインを考えます。インテリアを通して現代社会を考察し、「デザインとは何か」を深く見つめる眼を養います。インテリアは空間を外側からだけでなく、内側からとらえ、心に届くデザインを考えることが求められます。最終的にはモデルを制作し、具体的なプロジェクトとして作品にまとめていきます。

2年次 エレメントデザインC

空間を構成するエレメントを認識する

家具など空間を構成する要素のデザインを行います。まずはイメージを描き出し、素材、線や面、ボリュームからかたちをつくることからはじめます。ここで大切なのは、空間を構成するエレメントのあり方を認識すること。
デザインのプロセスを、段階を踏みながら学び、実物を制作していきます。
2011年度は東日本大震災から「支」という言葉をテーマに、ゆりかごのようなベッドや洗濯ものでふくらむ壁など、ユニークな作品が生まれました。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
建築設計/インテリアデザイナー/商業施設デザイナー/リフォームデザイナーなど



学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー