デザイン専攻科 1・2年次 VD|ビジュアルデザインコース

アドバタイジングからWebまで、拡張し続けるビジュアルデザイン。視覚によって「伝える」ことの本質を学ぶ

ビジュアルデザインとは : 人々が目にする情報、すなわち視覚情報に関わるあらゆるデザインのことを指す。
アドバタイジング、エディトリアル、イラストレーション、フォトグラフ、パッケージ、Webなど、その範囲は非常に広い。

カリキュラム詳細

1年次 ビジュアルデザインの果たす役割を理解する

目標

基礎造形科目を学習し、観察力や造形力を深めるとともに、ビジュアルメッセージの意味を理解し、文字や写真、シンボルマーク、サインなどを学ぶ。

デジタル化に伴う新しいメディアの登場により、ビジュアルデザインの領域は日々拡張し続けています。しかし、伝えたい情報をどのように視覚化すれば、送り手と受け手が理解し合えるのか。つねにコミュニケーションの基本に立ち戻って考えることが必要です。
1年次にはタイポグラフィ、印刷や写真の知識や技術、そしてコンピュータによる表現方法を学びます。さらに並行して、「デザインの基礎」を鍛える「構成」の授業をほかのコースよりも多く受講します。ものづくりの本質を考えるこの授業は、〈桑沢デザイン研究所〉独自のカリキュラムです。

講義・他
前期はデザインが歩んできた歴史を、後期は印刷技術関連の基本知識およびコンピュータの基礎技術を学びます。
前期 後期

近代デザイン史

近代社会におけるデザインの歴史を振り返り、デザインが社会や文化とどのように関わってきたかを学ぶとともに、隣接するアートやメディアとの関連性を概観します。

印刷概論・コンピュータ演習

デザインの現場で必要な紙や印刷の基礎知識を学びます。また、コンピュータの基本操作およびDTPについて演習を通して習得します。(Illustrator・Photoshop)

基礎(造形分野)
デザインの基礎となるものの見方や造形的な感覚、技能を、実際の作業を通して習得し、「造形的思考力」を養います。
前期 後期

構成

造形要素である色彩と形体を中心に、平面から立体における造形表現および造形の秩序などを理論と素材体験を踏まえた実習により学びます。デザイン活動に充分に対応できる基礎能力を養います。

 

デッサン

単純な幾何形体から人体まで、さまざまなモチーフを描写することで、形の成り立ち・量感・動き・質感・空間などを把握し、表現する力を養います。

 
デザイン
ビジュアルコミュニケーションの基本である、人間の視覚認知の仕組みを理解し、概念を視覚化するための発想力や表現力を養います。
前期 後期

ビジュアルデザインⅠA

視覚伝達の基礎を学びます。視覚認知の仕組みを考え、どのような色彩と形態により、視る人への情報伝達が可能になるかなどを探りながら学習します。

ビジュアルデザインⅠB

視覚情報を象徴化、単純化することにより、さらに具体的・積極的に情報伝達がされていく方法を学びます。ピクトグラムやシンボルマーク、ダイアグラムなど、視覚情報の言語化を試みます。

 

レタリング・タイポグラフィ

文字の基本構造を理解するために、和文活字体・欧文活字体を実際に手で書きながら学習していきます。また既成のフォントで文字組みをし、可読性とイメージ表現の可能性を探ります。

 

フォトグラフ

身の回りにあるものや自ら構成した被写体を撮影し、観察力、構成力を養います。また写真撮影の基礎知識を学習します。

 

イラストレーション

情報伝達としてのイラストレーションの可能性と自分自身の個性的表現とは何かを探ります。

ワークショップ(任意で受講)
 
前期 後期

印刷実習

シルクスクリーン印刷、エッチング、リトグラフなどの各種授業から、一つを選び実習します。

2年次 将来を考えながら、よりプロの現場に近い学びを進める

目標

将来を考えて、多岐に渡るビジュアルデザイン領域の中から科目を選択し、技術や知識を深めながら、デザイン能力を高める。

2年次では、全員が学ぶアドバタイジング、エディトリアルなどの実践的な授業に加え、将来の方向性を見定めたうえでパッケージデザイン、もしくはWebデザインのどちらか1科目を選択し、専門的な視点で作品を作っていきます。現場と同様に、条件や制約のなかでデザインを考え、総合的なディレクション力を要する課題が増え、企画力とプレゼンテーション力も求められます。
「頭でなく手で考える」。これが〈桑沢〉の教えです。手の延長にあるコンピュータと意識が共鳴し、思い描くデザインを表現できるようにトレーニングを重ね、社会に出るための準備を整えます。

専門講義
前期は全専攻分野共通の講義を聞き、他分野の現状や考え方を知ります。後期はより専門性の高い現場の講義を聞きます。
前期 後期

現代デザイン論

デザインおよび隣接するアートなどの分野で現在活躍している講師を招聘します。制作現場の話や制作のエピソードを聞きます。また現在社会におけるデザイン活動を通して、これからのデザインのあり方を考えます。

制作の現場

第一線で活躍しているデザイナーやクリエイターを毎回招聘し、制作現場の話やエピソードなどを聞きます。実際の制作現場を知ることで、より広い視点から自分の進路について考える参考となります。

デザイン
幅広いビジュアルデザイン領域の中から代表的なカテゴリーについて専門知識・技術の習得をします。
広い視野に立った柔軟な発想によりつくられたアイデアをどのように表現し伝達できるかについて学び、研究していきます。
前期 後期

ビジュアルデザインⅡA

自分の想定したブランド・イメージをつくります。基本となるロゴ・マークをはじめ、いくつかの具体的アイテムの制作を試み、システムとして統一感を持ったビジュアル・メッセージの構築を学びます。

ビジュアルデザインⅡB

より自由に自分の想定したテーマに沿って企画から始めて、トータルにデザインします。モノ・コトの伝えるべき本質をシンプルで力強いビジュアルに置き換え、見る人が共感できる魅力的な表現とは何かを探ります。

アドバタイジングA

広告の制作のための企画、コンセプトおよびコピーをつくり、具体的なビジュアル制作をしていきます。また実際のポスター、雑誌、新聞などメディアの特性を考え、伝わる・感じる広告とは何かを学びます。

アドバタイジングB

より広く具体的な広告制作をしていきます。広告ツールとしてカレンダーなどさまざまなアプリケーションを考え、より広い視点に立った広告制作をしていきます。

エディトリアルA

タイポグラフィの基本的な知識を踏まえた上で、雑誌や書籍などの「ページもの」を主にした編集システムを学習します。またグラフィックソフト「InDesign」の基本について演習を行います。

エディトリアルB

各人の自由なテーマに基づき、テキストからイラスト、写真、図版などエディトリアルデザインに必要な要素を自由に織り込み、より具体的でより高度なエディトリアル表現を目指します。

パッケージデザインA(選択科目)

モノを包むとは何かを考え、立体構造、色彩効果、表面処理などパッケージデザインの基礎を学習します。

パッケージデザインB(選択科目)

具体的な商品パッケージについて企画、ネーミングからロゴタイプ制作、本体構造、外装デザインなど、段階的に学習していきます。

WebデザインA(選択科目)

Webを制作するためのコンテンツの立て方や、基本ソフトの使い方を学び、Webデザインの特性や制約の理解を深めます。

WebデザインB(選択科目)

自分のホームページを制作し、実際に立ち上げます。また静止画だけでなく動画も含めて、周辺技術や基礎知識を学びます。

授業紹介

1年次 レタリング・タイポグラフィ

手で書くことでイメージの広がりの可能性を探る

タイポグラフィとは、文字を素材にしたグラフィック表現技法のことです。本や雑誌、Webなどの活字は、文章の内容や雰囲気に合わせて、配列や文字が選ばれています。この授業では文字の基本構造を理解するために、和文・欧文活字体を実際に毛筆やマーカーなどを使って、手で書きながら学習していきます。また既成のフォントや与えられたテーマに基づき文字組みをし、プレゼンテーションを行うことで、レイアウト能力の育成とイメージ表現の可能性を探ります。

2年次 エディトリアルB

オリジナルの1冊から、編集の仕組みを学ぶ

タイポグラフィの基本的な知識を踏まえたうえで、雑誌や書籍などの「ページもの」を中心に、編集やデザインの仕組みを学びます。基本となる作業は、読み手の視線や意図を考えながら、エディトリアルに必要な要素を効果的に整理、配列して編集する「紙面構成」。
具体的には、自分自身で考えたテーマに沿って用意したテキストに、イラスト、写真、図版などの素材を織り込んで1冊の本につくり上げます。魅力的で読みやすいデザイン表現を目指します。

2年次 アドバタイジングB

メディアを理解し、
広い視点に立った広告制作へ

広告におけるデザインの目的は、商品の魅力や新たな価値をわかりやすく、しかも心に残るように伝えることです。まずこの授業では、ポスターや雑誌、新聞などメディアの特性を理解し、「伝わる・感じる広告とは何か」を考えます。
そしてテーマを決めて、調査や分析をし、広告の企画やコンセプト、コピーを考え、基本的な媒体だけでなく、さまざまなツールとの連携を効果的に駆使した、広い視点に立った広告制作を学んでいきます。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
Web/グラフィック/エディトリアル/パッケージデザイナー、フォトグラファーなど



学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー