総合デザイン科 2・3年次 専門課程 SD|スペースデザイン専攻

総合デザイン科 2・3年次 専門課程 SD|スペースデザイン専攻

「エレメント」「インテリア」「住環境」から人と空間の関係性を理解し、スペースデザインの可能性を追い求める

「エレメント」「インテリア」「住環境」の3領域を学びます。「エレメント」は、家具や照明からドアノブに至るまで、空間の中に存在するもの、「インテリア」は、主にショップやレストランなどの商業スペースのインテリアを指します。そして「住環境」では、人の暮らしがある住宅を通して建築設計について学びます。

カリキュラム詳細

2年次 「”空間”や”空気”をデザインする」という感覚やその意味を理解する

目標

スペースデザインを学ぶための基礎を身に付け、空間を、図面や模型から疑似体験しながら、デザインを決定できる力を獲得する。

2年次では空間を構成する「エレメント」、「インテリア」「住環境」の三つの領域について学びます。私たちは何を手がかりにして、空間をデザインすればよいのでしょうか。ここでの課題は「場や場を生み出す空気をデザインする」ことへの理解です。「仕切る」「囲む」などの概念まで立ち戻り、それぞれの空間で人がどのような感情を抱くのか、心の動きをイメージし、微細な変化や効果にまで想像力を働かせます。機能や形からデザインを考えるのではなく、そこにいる人びとの時間、記憶、関係性を丹念に分析し、手がかりにすることが大切です。

専門講義
スペースデザインを学ぶために必要な構造、意匠、メディア、テクノロジー、設計手法などに関して、
その歴史的、社会的背景を含めて幅広く学びます。
前期 後期

インテリアデザイン概論

近代以降、特に戦後から現代における日本のインテリアデザインの歴史を学びます。

エレメントデザイン概論

近代以降の世界の代表的なエレメントデザイン(家具や照明など)の歴史を学ぶとともに、家具の基本的な実測・製図を行います。

建築・都市概論

近代までの世界の代表的な建築や都市計画などを学びながら、都市と空間デザインの歴史的関係を学びます。

現代建築論

戦後の現代建築におけるの歴史や問題点を学びます。

技術
デザインプロセスを構成する個々の技術を、その意義や活用方法を認識しながら、具体的な作業を通して身に付けます。
前期 後期

ドローイング

インテリア、建築製図の知識、技術取得を通し、自らデザインしたものを図面にする基本的な能力を身に付けます。

モデル

構造力学を構造計算などで学ぶのではなく、素材の特性を生かした模型を通して学びます。

インテリアCADⅡ

2D CADの基礎を学びながら、インテリア・建築デザインをCADでどのように表現するかを学びます。

デザイン
空間を構成している、インテリア、エレメント、住環境を主軸とし、感性、技術、理論を総動員して一連のデザインプロセスに取り組みます。リサーチから発想、構想、制作、プレゼンテーションまで、一つひとつの過程を大切にしながら、主体的、計画的にデザインを展開し、各人の思考や想いを形にしていきます。
前期 後期

インテリアデザインⅡA

インテリアの基礎を養うために、まず「仕切る」ことから、空間の「関係のデザイン」について考えます。

インテリアデザインⅡB

人の感情をテーマに、空間が人に与える影響などを思考し、空間の持つ意味をより深く理解します。

エレメントデザインⅡA

イス、テーブル、棚といった空間内の基本的なエレメントをデザインし、実制作することを通して「モノと空間」の関係を学びます。

エレメントデザインⅡB

空間を構成するエレメントを分析・再構成することで、新たなエレメントのあり方を提案します。

住環境デザインⅡA

歴史上の代表的な住宅デザインを学びながら、住空間における基本的な行為・行動と空間との関係を学び、住宅を設計します。

住環境デザインⅡB

都市における住環境を考察し、戦後日本の住宅建築史を通して、新たな住空間の設計を行います。

3年次 「関係のデザイン」を見つめ、スペースデザインの新たな可能性を追求

目標

デザイン課題や卒業制作に取り組みながら、より深いスペースデザインの考え方に触れ、デザインの新たな可能性を追求できるようになる。

「仕切る」「囲う」ことから生まれる「空間」は、住環境・商環境・公共施設、都市・環境計画など、規模や機能、生活スタイルによって異なります。3年次になると、空間の発生を再度根本から考える課題が増えます。ゼミナールでは、一年間を費やして卒業制作を進めます。誰のための、何のためのデザインか。さまざまな関係性を明確にし、社会的な意味を掘り下げながら、スペースデザインの可能性を追究します。またCADの授業は2年次に引き続き行われ、三次元CGで表現する力をつけるカリキュラムを組んでいます。

専門講義
スペースデザインを学ぶために必要な構造、意匠、メディア、テクノロジー、設計手法などに関して、
その歴史的、社会的背景を含めて幅広く学びます。
前期 後期

設備計画論

照明、音響、空調からエコロジー計画まで、実際の設計の中でどのように使われているのか、実例を通して考察します。

スペースメディア論Ⅲ

空間デザインとメディアとの関わりを都市や文化といった幅広い視点から学びます。

スペースデザイン特論

スペースデザイン分野以外の異なる講師を毎回迎え、専門知識以外の幅広い視点を学びます。

技術
デザインプロセスを構成する個々の技術を、その意義や活用方法を認識しながら、具体的な作業を通して身に付けます。
前期 後期

インテリアCADⅢ

3DCG制作工程を学びながらクライアントに対する満足度を得る3Dプレゼンのあり方を習得します。

 
デザイン
人間・社会・自然とデザインの関係を学び、スペースデザインの主要テーマである、モノからコトへのデザインに焦点をあてます。デザインの日常性、脱日常性とは何かを深く考え、今日的デザインが目指す方向性を模索します。
前期 後期

インテリアデザインⅢA

身体と空間との関係を観察、調査、分析することを通して、新しいインテリアデザインの可能性を探求します。

 

エレメントデザインⅢA

身体性をキーワードに機能性や利便性を超えた「エレメント」をデザイン、設計します。

 

住環境デザインⅢA

集合住宅の設計を通して、現代都市における住環境を再考察します。

 
ゼミナール/卒業制作
少人数のゼミに分かれ、一流デザイナーによる指導とともに、自らのテーマを掘り下げていきます。

KEIKO+MANABUゼミ

沢瀬学、内山敬子 KEIKO+MANABU主宰(インテリアデザイナー)

藤森泰司ゼミ

藤森泰司アトリエ代表(家具デザイナー)

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
建築設計/インテリアデザイナー/商業施設デザイナー/リフォームデザイナー など



教育職員紹介

専任教育職員

大松俊紀 (おおまつ としき)

京都工芸繊維大学卒業。 Berlage Institute Amsterdam(オランダ)修了。Raoul Bunschoten /CHORA(イギリス)勤務。文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員(オランダ)。OMA ASIA(現RAD、香港)勤務を経て、大松俊紀アトリエ代表(一級建築士)。

藤原俊樹(ふじわら としき)

武蔵野美術大学大学院修了。空間演出デザイン学科研究室助手、空環計画研究所を経て、デザインスタジオ設立。JASTAビエンナーレ大賞(文部大臣賞)受賞。 主な作品に「トヨタ博物館」(愛知)、「東京都庁・都政情報センター」(東京)、「大磯町郷土資料館」(神奈川)、「岩宿博物館」(群馬)、「リビングデザインセンターOZONE」(東京)、「テクノロジーと創造性のダイナミズム展空間構成」(大阪)、襟裳岬『風の館』(北海道)など。

桑沢の教員

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します

教育職員一覧はこちら

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

    「記憶の風景」

  • 学生作品ギャラリー

    「union cube」

  • 学生作品ギャラリー

    「SOU ZOO(ソウゾウ)」

  • 学生作品ギャラリー

    「I’m Here」

  • 学生作品ギャラリー

    「branch」

  • 学生作品ギャラリー

    「折々の扉 扉+棚=〈変化〉」

  • 学生作品ギャラリー

    「WWW」

  • 学生作品ギャラリー

    「都会っ子 面貌」

  • 学生作品ギャラリー

    「melt」


内田先生
内田 繁(うちだ・しげる)
桑沢デザイン研究所卒業。内田デザイン研究所設立。毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣賞等受賞。紫綬褒章、旭日小綬章受章。代表作に山本耀司のブティック、茶室「受庵・想庵・行庵」、門司港ホテル、オリエンタルホテル広島、ザ・ゲートホテル雷門他。メトロポリタン美術館、モントリオール美術館などに永久コレクション。

担当教員名

  • 内田 繁( 本校特任教授)
  • 大松俊紀 (本校専任教員)

20世紀は近代合理主義的思考から「弱さ」を克服し、強い社会へと向かった時代である。その強さは20世紀後半になると構築的で規範的、自由度の少ない状況を生み出している。環境破壊が生じ、格差社会も現代社会の特性であろう。人間は強いものでもない。移ろいやすく、気まぐれで、傷つきやすく脆いものである。そうした人間を取り巻く世界は合理主義とは整合しない。「弱さ」について考えることは、今日もっとも重要なことではないだろうか。


藤原先生
藤原敬介(ふじわら・けいすけ)
武蔵野美術大学卒業。スタジオ80を経て、2001年藤原敬介デザイン事務所設立。日本商環境設計家協会(JCD)優秀賞、モスクワ建築インテリア国際フェスティバルインテリア部門優秀賞、Asia Pacific Interior Design Awards 2011/‘Shopping space’銅賞など多数。

担当教員名

  • 藤原敬介
  • 藤原俊樹( 本校専任教員)

産業に寄り添いながら存在するデザインは、市場主義の枠組みのなかで、無残にも葬りさられることがある。耐久性があったとしても、デザインの質が評価されていたとしても、使っている人たちの想い入れのあるものだったとしても、非情にも容赦はない。デザインをしていると、きれいごとだけでは解決できない現実に直面する。我々にとってかけがえのないものは果たして何なのか? そのような当たり前の問いかけに向き合ってみた。