デザイン専攻科 1・2年次 PD|プロダクトデザインコース

夜間PDウェブ画像

使う人の立場や製造条件、環境などを考慮し、形や色、素材や構造から、社会に貢献できる新しいデザインを目指す

プロダクトデザインとは : 量産される「もの(製品)」のデザインのことを指す。
ものを使った人の暮らしや気持ちなども踏まえることから、ものだけでなく「こと(事)」のデザインも意識しなければならない。

カリキュラム詳細

1年次 必須の技術を身に付けるとともに、感覚や構成力を養う

目標

使う場所や動作の制約を含んだ課題の制作を通してデザインプロセス全体を経験し、プロダクトデザインの基盤をつくる。

1年次では、製図、スケッチ、モデリングの三つの表現技術を確実に 習得し、それを活かしながら、プロダクトデザインの一連の流れを 経験していきます。実習では、前期にテープカッターを制作し、デ ザイン全体のプロセスを理解します。後期には、家電やキッチン ツールなど、難易度の高い課題に取り組みます。工業製品のデザイ ンは、多角的な視点が求められます。使う人の立場、製造条件など を考慮し、形、色や素材、構造などを決めていくことが大切です。

講義
人間、道具、生活、社会、文化、技術、経済、歴史など、プロダクトデザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

プロダクトデザイン論 A

「よく考えられたデザイン」を目指し、「デザインを考える基礎」をしっかり学びます。身体、精神、手の働き、個人生活、家族生活、社会生活など、人間を知ることから始まり、身体機能の延長としての道具、物理的、あるいは精神的な目的を達成するための道具など、モノ(製品)について考えます。問題点の抽出の仕方や分析方法、発想や検証方法についても研究し、プロダクトデザインの可能性を探ります。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

表現技術A(製図)

JIS規格に基づいて、デザイン製図の基本的技術を学びます。ものの形をわかりやすく表現し、伝えたい情報を正確に伝える表現技術としてのデザイン製図を基本に、CADの概要も学びます。

表現技術D(上級スケッチ)

レンダリングスケッチは、製品提案の意図やデザイン上のポイントを的確かつ特徴的に伝える表現技術。そのテクニックと魅力的な表現手法を身に付けます。

表現技術B(初級スケッチ)

3次元の立体物を2次元のスケッチで表現するために、透視図法を理解します。そして、フリーハンドで的確にものの形を描けるようにトレーニングしていきます。表現技術D(上級スケッチ)に進むための基盤をつくります。

表現技術E(カードリーダ)

プロダクトデザインの基本技術(製図、スケッチ、モデリング)を活用し、機器としての操作条件や構成要素、工業製品としての生産条件を満たしながら、製品にフォルムを与えます。

表現技術C(モデリング)

クレイモデルやモックアップモデルの制作と検討を通して、曲面と稜線の構成を学びます。表現材料に慣れ、形の微妙なニュアンスを提示する方法を習得します。

表現技術H(ポートフォリオ)

学生各自が前期に制作した作品を見つめ直し作品集を作り出す中で、自分とは何かというセルフイメージの構築と自分はどうなりたいのかという未来への夢を確認する。

 
デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通じて学びます。
前期 後期

プロダクトデザインA(テープカッター)

テープカッターをテーマに、使用目的、デザインする上での制約、使用場面を正しく理解して、構造、素材、加工方法を考えながら実際にデザインします。モックアップモデルを制作して作品ファイルにまとめます。

プロダクトデザインB(ドライヤー)

モーターやヒーターなどの内部構造は製品の外観形状に影響をおよぼします。前期に習得した製図とスケッチの表現技術を応用し、家電製品の条件や制約を正確に把握し、精度の高いデザインを学びます。

 

プロダクトデザインC(キッチンツール)

料理をするための道具を通して、手とモノ、作業と道具の形について考察します。キッチンという空間や食について考え、キッチンツールの提案を行います。

2年次 異なる条件や制約が設定された課題を制作し、技術を深める

目標

より実践的なデザイン課題に取り組むことで、プロダクトデザインの新しい在り方を追求するとともに、社会で活動するための準備を整える。

2年次では「技術習得の授業」から「考える授業」に重心が移り、立 案型の課題が増えます。「誰のためのデザインか」という視点に立ち、 道具を使うときの身体動作を実際に確認しながら、使いやすく美し い魅力的なデザインの提案。さらに、「素材を活かす」をキーワード にして量産を前提に、上質なデザインのあり方を探求します。後期 では、卒業制作に該当する三つの最終課題が登場します。デザイン はコンセプトとともに、魅力ある形や存在感が求められます。

講義
人間、道具、生活、社会、文化、技術、経済、歴史など、プロダクトデザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

プロダクトデザイン論B

古代の生活技術の体験を通して、環境、生活、道具、技術、知恵について考察し、道具の可能性を追求します。

デザインビジネス論

デザインの現場でのコミュニケーション方法や実務を紹介し、現場認識を深め、視野を拡大する。また、多様なユーザーを配慮し、その要望に応えるための知識や手法を学びます。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

表現技術F(PCプレゼンテーション)

デザイニングツールとしてPCの活用法と技術を習得します。また、表現に適したアプリケーションの効果的な活用技術、およびデザインの伝達方法を学びます。

表現技術G(総合プレゼンテーション)

入学時から積み重ねてきた表現技術や発想ワークショップなどの演習授業を総括し、実践的なデザインプレゼンテーションを学びます。

発想ワークショップ

デザイン的思考からの発見、発想と創造。そのプロセスをいくつかの手法=ワークショップを通して体験し、コンセプトの構築力を鍛えます。ディスカッションやディベートなど、コミュニケーションの重要性を学びます。

 

表現技術H(ポートフォリオ)

学生各自が今まで制作してきた作品を見つめ直し作品集を作り直す中で、自分とは何かというセルフイメージの構築と自分はどうなりたいのかという未来への夢を確認します。

 
デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通して学びます。
前期 後期

プロダクトデザインD(造形演習)

「素材を生かす」をキーワードにアイテムを設定し、量産を前提に、デザイン作業、モデル制作、プレゼンテーションまで、一貫したデザイン作業の中で、上質なデザインのあり方を探求します。

プロダクトデザインF(材料加工法)

課題テーマに適した材料、加工方法、組み立て工程、量産性などを考察し、実践的なデザインを通して提案する手法を学びます。

プロダクトデザインE(インターフェース)

「ビジネスホン」をテーマに、立つ、座る、握る、触る、押すなどの身体動作と、見る、聞く、話すなど、多くの操作シークエンスを実際に確認しながら、マンマシンのインターフェイスを学び、使いやすく美しい、魅力的なデザインを完成させます。

プロダクトデザインG(通信機器)

「通信機器」をテーマに、新しい道具のあり方の考察と提案を、コンセプトモデルの制作を通して探究します。

 

プロダクトデザインH(自由テーマ)

2年間の学習の集大成として、自らの関心に従ってテーマを決定し、デザインプロジェクトを展開します。

授業紹介

1年次 プロダクトデザインA [テープカッター]

テープカッターを制作することで日常品への理解と可能性を探る

自分の身の回りにあってこれ以上進化しそうにないものをどのように変えるか。観察力と発想力を鍛えます。この授業ではテープカッターを実際に制作します。どのような場合にテープを使うのか。今までどんなデザインがあったのか。デザインするうえでの制約は何か。テープカッターを使う場面をしっかり理解して、構造、素材、加工方法を考えながら、使いやすく、しかも魅力的なデザインを研究し、モックアップモデルをつくり、作品ファイルにまとめます。

1年次 プロダクトデザイン論

プロダクトデザインの領域を知り、社会性を身につける

デザインとは「問題解決」です。私たちは常に使い手視点で問題を発見し、つくり手視点で課題に取り組み、道具の提案をもって解決に挑みます。プロダクトデザインは、「解決策を示す問題提起」です。それには、あるべき社会や精神を「描く力」と「生み出す行動」を身につけなければなりません。そして、デザインとは何か、一人ひとりが常に考え続けることが大切です。プロダクトデザインの基本を学び、毎回設けられるテーマをもとに議論しながら、授業を行います。

2年次 プロダクトデザインE [インターフェース]

多くの機能を備えたビジネスフォンをテーマに使いやすく、美しいデザインの追求

複数の外線と内線を共有できる電話機「ビジネスフォン」。保留や転送などオフィスで利用される場合のあらゆることを想定し、多くの機能や操作方法を備えています。この授業では、ビジネスフォンをテーマに、「見る」「聞く」などの身体動作をあらためて確認していきます。そして、ビジネスフォンを扱うさいに必要な「握る」「押す」などの操作を試すことで、実際に人が使用するのに使いやすく、美しいデザインはどんなものかを学び、制作していきます。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
プロダクトデザイナー(自動車/生活用品/雑貨/玩具等)、モデラーなど



学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー