デザイン専攻科 1・2年次 PD|プロダクトデザインコース

pic_designsd_mainimgpd

使う人の立場や製造条件、環境などを考慮し、形や色、素材や構造から、社会に貢献できる新しいデザインを目指す

プロダクトデザインとは : 量産される「もの(製品)」のデザインのことを指す。
ものを使った人の暮らしや気持ちなども踏まえることから、ものだけでなく「こと(事)」のデザインも意識しなければならない。

⇒ 多様な背景を持った仲間と、本気で学んだ2年間がいまをつくる。
(JDN特集記事)

カリキュラム詳細

1年次 必須の技術を身に付けるとともに、感覚や構成力を養う

目標

使う場所や動作の制約を含んだ課題の制作を通してデザインプロセス全体を経験し、プロダクトデザインの基盤をつくる。

1年次では製図、スケッチ、モデリングの三つの表現技術を確実に習得した上で、プロダクトデザインの一連の流れを経験します。実習では前期にテープカッターを制作し、デザイン全体のプロセスを理解。後期には家電やキッチンツールなど、難度の高い課題に取り組みます。

講義
人間、道具、生活、社会、文化、技術、経済、歴史など、プロダクトデザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

プロダクトデザイン論 A

「よく考えられたデザイン」を目指し、「デザインを考える基礎」をしっかり学びます。身体、精神、手の働き、個人生活、家族生活、社会生活など、人間を知ることから始まり、身体機能の延長としての道具、物理的、あるいは精神的な目的を達成するための道具など、モノ(製品)について考えます。問題点の抽出の仕方や分析方法、発想や検証方法についても研究し、プロダクトデザインの可能性を探ります。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

表現技術A(製図)

JIS規格に基づいて、デザイン製図の基本的技術を学びます。ものの形をわかりやすく表現し、伝えたい情報を正確に伝える表現技術としてのデザイン製図を基本に、CADの概要も学びます。

表現技術D(上級スケッチ)

レンダリングスケッチは、製品提案の意図やデザイン上のポイントを的確かつ特徴的に伝える表現技術。そのテクニックと魅力的な表現手法を身に付けます。

表現技術B(初級スケッチ)

3次元の立体物を2次元のスケッチで表現するために、透視図法を理解します。そして、フリーハンドで的確にものの形を描けるようにトレーニングしていきます。表現技術D(上級スケッチ)に進むための基盤をつくります。

表現技術E(防災用品)

プロダクトデザインの基本技術(製図、スケッチ、モデリング)を活用し、機器としての操作条件や構成要素、工業製品としての生産条件を満たしながら、製品にフォルムを与えます。

表現技術C(モデリング)

クレイモデルやモックアップモデルの制作と検討を通して、曲面と稜線の構成を学びます。表現材料に慣れ、形の微妙なニュアンスを提示する方法を習得します。

表現技術H(ポートフォリオ)

学生各自が前期に制作した作品を見つめ直し作品集を作り出す中で、自分とは何かというセルフイメージの構築と自分はどうなりたいのかという未来への夢を確認します。

デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通じて学びます。
前期 後期

プロダクトデザインA(テープカッター)

テープカッターをテーマに、使用目的、デザインする上での制約、使用場面を正しく理解して、構造、素材、加工方法を考えながら実際にデザインします。モックアップモデルを制作して作品ファイルにまとめます。

プロダクトデザインB(ドライヤー)

モーターやヒーターなどの内部構造は製品の外観形状に影響をおよぼします。前期に習得した製図とスケッチの表現技術を応用し、家電製品の条件や制約を正確に把握し、精度の高いデザインを学びます。

 

プロダクトデザインC(キッチンツール)

料理をするための道具を通して、手とモノ、作業と道具の形について考察します。キッチンという空間や食について考え、キッチンツールの提案を行います。

2年次 異なる条件や制約が設定された課題を制作し、技術を深める

目標

より実践的なデザイン課題に取り組むことで、プロダクトデザインの新しい在り方を追求するとともに、社会で活動するための準備を整える。

2年次では「技術習得の授業」から「考える授業」に重心が移り、立案型の課題が増えます。「誰のためのデザインか」という視点に立ち、使いやすく美しい、魅力的なデザインを提案します。後期では卒業制作に該当する三つの最終課題が登場します。

講義
人間、道具、生活、社会、文化、技術、経済、歴史など、プロダクトデザイナーとして活動する上で必要な知識を学びます。
前期 後期

プロダクトデザイン論B

古代の生活技術の体験を通して、環境、生活、道具、技術、知恵について考察し、道具の可能性を追求します。

デザインビジネス論

デザインの現場でのコミュニケーション方法や実務を紹介し、現場認識を深め、視野を拡大する。また、多様なユーザーを配慮し、その要望に応えるための知識や手法を学びます。

技術
プロダクトデザインを進める上で必要な、発想手段、検討手段、表現手段を具体的な作業を通して習得します。
前期 後期

表現技術F(PCプレゼンテーション)

デザイニングツールとしてPCの活用法と技術を習得します。また、表現に適したアプリケーションの効果的な活用技術、およびデザインの伝達方法を学びます。

表現技術G(総合プレゼンテーション)

入学時から積み重ねてきた表現技術や発想ワークショップなどの演習授業を総括し、実践的なデザインプレゼンテーションを学びます。

発想ワークショップ

デザイン的思考からの発見、発想と創造。そのプロセスをいくつかの手法=ワークショップを通して体験し、コンセプトの構築力を鍛えます。ディスカッションやディベートなど、コミュニケーションの重要性を学びます。

 
 
デザイン
道具の目的や用途など、プロダクトデザインのさまざまな問題を理解し、その解決策としてのデザインを具体的な形で提案できる能力を、一連の作業を通して学びます。
前期 後期

プロダクトデザインD(造形演習)

「素材を生かす」をキーワードにアイテムを設定し、量産を前提に、デザイン作業、モデル制作、プレゼンテーションまで、一貫したデザイン作業の中で、上質なデザインのあり方を探求します。

プロダクトデザインF(材料加工法)

課題テーマに適した材料、加工方法、組み立て工程、量産性などを考察し、実践的なデザインを通して提案する手法を学びます。

プロダクトデザインE(インターフェース)

「ビジネスフォン」をテーマに、立つ、座る、握る、触る、押すなどの身体動作と、見る、聞く、話すなど、多くの操作シークエンスを実際に確認しながら、マンマシンのインターフェイスを学び、使いやすく美しい、魅力的なデザインを完成させます。

プロダクトデザインG(通信機器)

「通信機器」をテーマに、新しい道具のあり方の考察と提案を、コンセプトモデルの制作を通して探究します。

 

プロダクトデザインH(自由テーマ)

2年間の学習の集大成として、自らの関心に従ってテーマを決定し、デザインプロジェクトを展開します。

授業紹介

1年次 プロダクトデザインA [テープカッター]

基本であるスケッチを1年を通してしっかりと学ぶ

夜間部ではスケッチを重視して、1年を通してプログラムが組まれています。前期は、三次元の立体物を二次元で表現するために、透視図法を理解します。そしてフリーハンドで的確にものの形を描けるようにトレーニングし、基礎を養っていきます。後期の「上級スケッチ」では、レンダリングスケッチを学びます。レンダリングは、製品提案の意図やデザイン上のポイントを、的確かつ特徴的に伝える表現技術です。そのテクニックと魅力的な表現手法を身につけていきます。

1年次 プロダクトデザイン論

テーマを元に議論を重ねデザインの可能性を探る

デザインとは「問題解決」です。私たちはつねに使い手視点で問題を発見し、つくり手視点で課題に取り組み、道具の提案をもって解決に挑みます。プロダクトデザインは「解決策を示す問題提起」でもあります。それには、あるべき社会や精神を「描く力」と「生み出す行動」を身につけること、そして「デザインとは何か」を考え続けることが大切です。プロダクトデザインの基本を学び、毎回設けられるテーマを元に議論しながら、プロダクトデザインの可能性を探ります。

2年次 プロダクトデザインE [インターフェース]

効果的に見せるためにはプレゼン技術を身につける

課題の狙いをしっかり書けるよう、1年次後期からポートフォリオのつくり方を取り入れています。いままでの作品を見つめ直し、作品集をつくる過程で、「自分とは何か」というセルフイメージを構築し、「自分はどうなりたいのか」という目標を確認します。ポートフォリオという平面でプレゼンテーションする技術は、社会に出てからも役立ちます。作品の写真を羅列しても、それはただのカタログです。効果的に見せるにはどうしたらよいのか。その技術を培います。

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
プロダクトデザイナー(自動車/生活用品/雑貨/玩具等)、モデラーなど



教育職員紹介

専任教育職員

中田和裕 (なかた かずひろ)

桑沢デザイン研究所卒業。札幌市東消防署、本田技術研究所(オートバイデザイン担当)を経て、独立。「nakata-design」のプロダクトデザインを手がける。代表的なものにホンダ「GB250クラブマン2型」、サンクラフト「キッチンツール シェフェリエシリーズ」など。

本田圭吾 (ほんだ けいご)

東京造形大学卒業。スノーピークを経て、現職。サステナブルデザイン、エコデザインをベースにデザイン教育に携わる。スノーピーク「テイクチェア」などでグッドデザイン賞ほか受賞多数。JIDA環境委員会委員長、東京都中小企業振興公社専門指導員、東京造形大学非常勤講師。

桑沢の教員

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します

教育職員一覧はこちら

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

卒業生紹介

  • 久家 英和

    デザイナー、クリエイター

    久家 英和

    中学校3年生のとき、BMX(バイシクルモトクロス)という自転車競技のプロ選手として2006年に上京しました。でも、2008年に11位で終わり、自分の中でスキルの限界が見えたので引退を決意しまし…

  • 門倉 さゆり

    プロダクトデザイナー

    門倉 さゆり

    働きながら〈桑沢〉で学んでいたので、仕事と学校の両立が大変でした。デザインは、それまでの人生でずっとやりたかったこと。課題にしっかり取り組まないと意味がないと思い、徹夜してでも頑張りま…

  • 比嘉 一真

    プロダクトデザイナー

    比嘉 一真

    現在はプロダクトデザインを担当しています。製品のデザインからパッケージ、取扱説明書など製品にまつわるすべてのデザインに関わっています。また、Webデザインやカタログ、販促用のCG、製品写真の撮影など、…

  • 北山 博文

    パッケージデザイナー

    北山 博文

    紙、段ボール、フィルム。多様な素材のパッケージを手がける会社で、紙箱(紙器)の形をデザインしています。包装は商品の第一印象を左右するものですから、 商品を保護する機能のほかにコミュニケーションツールとし…