総合デザイン科 2・3年次 専門課程 VD|ビジュアルデザイン専攻

VD

一過性の風潮や流行ではなく、人間が本来もっている根源的な要素を基盤とした「視覚情報とは何か」を考える

広告や雑誌、スマートフォンの画面など、現代に生きる私たちは視覚情報に囲まれています。一過性の風潮ではなく、人間がもつ根源的な要素とは何か。情報あふれるなかで、メッセージを伝える対象は誰なのか。また、それをどのように伝えればいいのか。適切な表現方法やメディアとは。こういった普遍的な問題を追究するのが〈桑沢〉ビジュアルデザインの特徴です。

カリキュラム詳細

2年次 身近な問題からデザインを構築する方法を学ぶ

目標

記号や画像、文字などの造形エレメントを駆使して、伝えたいメッセージをいかに効果的でわかりやすく、美しく、楽しいビジュアルにできるかを学ぶ。

広告や雑誌、パッケージ、さらにデジタルデザインがあふれる時代。 人間が視覚情報から感覚的に抱くイメージとは。誰に向けるメッ セージなのか。どう伝えればよいか。適切な表現方法やメディアと は。こういった普遍的な問題を追究するのが、〈桑沢〉ビジュアル デザインです。2年次には、デジタル技術の基礎をマスターします。 同時にDTPやタイポグラフィ、写真やイラストなどの専門知識も身 につけ、身近な問題からデザインを構築する方法を学びます。

専門講義
ビジュアルコミュニケーションの基礎理論や、画像などの専門技術理論を学びます。
前期 後期

印刷・DTP概論

紙や印刷の基礎知識、および印刷に必要なDTPの基礎について学びます。

画像概論

撮影の現場や画像についての基礎知識を学ぶとともに、映像の歴史を事例を通して学びます。

デザイン
ビジュアルデザインの専門知識・技術の習得をします。また広い視野に立った柔軟な発想により、アイデアを視覚情報にどのように定着させ、どのように伝達できるのかを学びます。
前期 後期

ビジュアルデザインIIA

自分の身近なところから発想した世界観やイメージを元に、他者へアピールできるデザインへと落とし込んでいきます。シンボルマークやさまざまなツールを通し統一感のあるビジュアル・メッセージを目指します。

ビジュアルデザインIIB

より自由に自分の想定したテーマに沿って企画から始めて、トータルにデザインします。モノ・コトの伝えるべき本質をシンプルで力強いビジュアルに置き換え、見る人が共感できる魅力的な表現とは何かを探ります。

タイポグラフィ

グラフィックデザインには欠かせない要素である文字や書体、文字組の基礎知識とルールを学んだうえで、文字による幅広いコミュニケーションが出来るようになることを目指します。

プレゼンテーション

自分自身や作品のアイデアをプレゼンテーションするための方法を体験を通して学びます。また就職のためのポートフォリオ制作を行います。

フォトグラフ

デザインの現場で写真を利用するために必要な基礎技術の習得および写真を見る目とは何かを学びます。

タイポグラフィ

文字に限らず、テーマに基づいて、テキスト・イラスト・写真・図版等の要素を自由に織り込み、具体的で高度な「ページもの」を主とした編集デザインを学びます。

イラストレーション

情報伝達としてのイラストレーションの可能性と自分自身の個性的表現とは何かを探ります。

フォトグラフ

写真をコミュニケーションの有力な手段としてとらえ、ものの見方や考え方に重点を置き、写真の可能性を探ります。

コンピュータ演習

グラフィック系の基本ソフトの技術習得と、デザインワークに欠かせないコンピュータ関連の基礎知識を学びます。

パッケージング

モノを包むとは何かを考え、立体構造、色彩効果、表面処理などの基礎を学習します。あわせて具体的な商品パッケージについて段階的に学習していきます。

Web演習

Webを制作するためのコンテンツの立て方や、基本ソフトの使い方を学びます。実際に自分のホームページを制作し、立ち上げることを学びます。

3年次 主題である視覚情報を的確に美しく伝える

目標

量産性や平面性を超えた「ビジュアルアート」の分野を学び、より幅広い発想力を養うとともに、卒業制作に取り組む。

3年次には分析の対象を社会や世界へと拡大し、論理的にデザイン を組み立てる方法を養います。社会に対する問題意識を抱き、どう すれば社会のニーズに応える効果的な表現ができるのかを考察し ます。ゼミナールでは、ひとつのテーマを1年かけて追究し、作品 の完成度を高めていきます。「人や社会の豊かさとは何か」に気を 配り、具体化し、提案できるデザイナーへ。それを目標にして、視覚 情報が的確に美しく、また楽しく伝えられるかを研究していきます。

専門講義
第一線のデザイナーや異なる分野で活躍しているスペシャリストを講師として招聘し、話を聞きます。
前期 後期
制作の現場
第一線で活躍しているデザイナーやクリエイターを毎回招聘し、制作現場の話やエピソードなどを聞きます。
実際の制作現場を知ることにより自分の進路について考える参考になります。
デザイン
卒業制作を中心にしながら、「プレゼンテーション」や「ビジュアルアート」の分野も並行して学び、制作していきます。
前期 後期

ビジュアルデザインIII

ビジュアルデザインの中で発想面を軸に、各自がさらに個性化と独自性を持つ、より実践的な表現を目指します。

表現研究

各自の創造表現を広げるため、既存のデザイン領域外の視点から体験や実習を重ねます。限定されがちなデザイン領域の縛りの外へと、自分の感性を磨いていきます。

チュートリアル

個人やグループによる研究や制作などを進めながら、並行して教員との個別指導の時間を設け、各自の方向性や進路についての自覚を促し、自分の将来を考える機会とします。

ゼミナール
少人数のゼミに分かれ、一流デザイナーによる指導とともに、自らのテーマを掘り下げていきます。

浅葉克己ゼミ

桑沢デザイン研究所 第10代所長/浅葉克己デザイン室(アートディレクター)

天宅正ゼミ

羽金知美ゼミ

白根ゆたんぽゼミ

イラストレーター

伊藤 透ゼミ

(株)エスキース代表(パッケージ・プロダクトデザイナー)

森井ユカ ゼミ

ユカデザイン代表(立体造形作家)

八十島博明ゼミ

GRID CO.LTD(グラフィックデザイナー)

・卒業後の進路 ⇒就職・求人会社一覧
Web/グラフィック/エディトリアル/パッケージデザイナー、フォトグラファーなど



教育職員紹介

専任教育職員

粟野隆浩 (あわの たかひろ)

桑沢デザイン研究所卒業。雑誌、書籍、定期刊行物のデザイン、またパンフレットなどの販促物デザインをはじめ、ロゴデザインなどを手がける。趣味はスキューバダイビング、バイク、キャンプなど。

川畑明日佳 (かわばた あすか)

東京造形大学卒業後、渡英。Central St.Martins(BA), Royal College of Art( MA)修了。Ab Rogers Design(ロンドン)にてMiller Harrisなどのブランディング、Tate Modren, The centrePompidouなどで展覧会デザインを手がける。2009年帰国、以後フリーランス。

鈴木一成 (すずき かずしげ)

桑沢デザイン研究所卒業。AZ株式会社取締役。2009年よりGallery OUT of PLACE のディレクターを務め、1st Saturday Salon、3331collector’s Salonなどのイベントを主催。フォトグラファーとして主に雑誌・カタログなどを手がける。作家としては現在『シロイロにマツワル』『28cm』などのシリーズを製作中。

辻原賢一 (つじはら けんいち)

武蔵野美術大学専攻科修了。武蔵野美術大学研究室賞2年連続受賞。武蔵野美術大学グラフィック専攻研究室助手を経て、広告制作プロダクションC.C(株)レマン・チーフデザイナーに就任。HONDA、JR、ANA、TOSTEMなどの広告デザインを手がける。ART BOX大賞入賞、コンテンポラリー・アート展奨励賞、アーバナート#4竹尾賞、毎日広告デザイン賞奨励賞など受賞多数。

宮根土真砂 (みやね とまさ)

桑沢デザイン研究所卒業。アートディレクターとして広告デザイン、ロゴデザインの制作やイベント企画、ブランディングなどを手がける。

豊島晶 (とよしま あき)

東京デザイナー学院卒業。デザイン制作会社を経て2009年から2014年の5年間ニューヨークを拠点に活動。2012年(株)AKIPON DESIGN HOUSE設立。日本タイポグラフィ年鑑、東京TDC、N.Y. TDC など入選多数。2014年モリサワより書体「すずむし」をリリース。

永沼真一郎 (ながぬま しんいちろう)

桑沢デザイン研究所卒業。玩具のパッケージデザインをはじめとして商品ロゴデザイン、イラスト、コンセプトCGなどを制作。玩具、雑貨の企画開発も手がける。

桑沢の教員

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します

教育職員一覧はこちら

学生作品ギャラリー

  • 学生作品ギャラリー

    VD「PROPOSE」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「よいしゅうまつを」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「ブラックイソップ物語」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「hito柄」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「MOSS FOR LIFE」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「26_26」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「TAIL NAIL」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「yumeura」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「中毒大辞典」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「MELT」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「わたしの仲間を紹介します」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「Re:action」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「The origin of Chinese charactor」

  • 学生作品ギャラリー

    VD「STERIC OR FLAT」

堀越先生
vd 堀越ゼミ
[担当教員]
浅葉克己
青山眞(本校副部長)

イメージデザイン

デザインの聖地、桑沢デザイン研究所での3年間の修業。自分はデザインのどこに光を当て、植物が成長するようにどの地点で芽を出し伸びてきたか。一番重要な卒展のイベントで、 多くの人々にその修業の痕跡、成果を見てもらう。自分自身の脳と肉体を使って、世界中の情報をすばやくキャッチして、 自分の伸び率というモノサシで照らし出してみよう。全員がスタートラインに並んだ。スタートの号砲とともにデザインという強い武器をたずさえて、未来に飛び出してゆくのだ。

イメージデザイン

浅葉克己(あさば・かつみ)
桑沢デザイン研究所卒業。1940年生まれ。浅葉克己デザイン室を設立。アートディレクターとして、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」など、数多くの作品を制作。日本アカデミー賞、紫綬褒章、東京ADCグランプリ、旭日小綬章など受賞歴多数。東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、AGI日本代表、東京造形大学・京都精華大学客員教授

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=浅葉克己ゼミ。学生作品「開いてびっくりことわざ辞典」ポップアップやスリットアニメーションなど仕掛け絵本の手法を用いて、開く度に新しいことわざがある辞典を制作(日本タイポグラフィ年鑑2017 学生賞グランプリ受賞)/下=浅葉克己ゼミ。学生作品「hito柄」人が相手に抱く「イメージ」を顕在化し、それぞれの個性を縁取る柄をデザイン

伊藤先生
VD 伊藤透ゼミ
[担当教員]
伊藤透
中野恵(本校非常勤教育職員)
宮根土真砂(本校専任教育職員)
永沼真一郎(本校専任教育職員)

イメージデザイン

美しい人、美しいもの、言葉、風景など、この世の中は「美しい」であふれています。人は何を美しいと感じるのか、人はなぜ美しさを求めるのでしようか。このゼミでは、各自が 「美しい」と感じるテーマを選び、それをもとに商品の企画とデザインを行います。立体、平面、質感、色彩、象徴、言葉を複合的に扱い、新しい価値をもつ「美しい商品」のデザインをつくっていきます。

イメージデザイン

伊藤透(いとう・とおる)
千葉大学工業意匠学科卒業。株式会社資生堂、仏カレ・ノアール社勤務の後、 TORU ITO DESIGN設立。化粧品を中心としたさまざまな分野のパッケージ・プロダクトデザインを手がける。株式会社エスキース代表、公益社団法人日本パッケージデザイン協会・副理事長千葉大学大学院工学研究科非常勤講師。

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=伊藤透ゼミ。学生作品「[PROPOSE] 極楽鳥のフォルムや色を8種類の香水瓶にして、 それぞれの鳥の属性を人間になぞらえる/下=伊藤透ゼミ。学生作品「Tip of the iceberg] 味の未知数を示す「氷山の一角」をコンセプトに制作したグラッパのボトル。氷山や海中の美しさを意識したデザイン

白根先生
VD 白根ゆたんぽ
[担当教員]
白根ゆたんぽ
中谷靖彦(本校非常勤教育職員)

イメージデザイン

当ゼミはグラフィックデザインの一要素であるイラストレーションを多角的にとらえ、前期では共通の課題、後期では各自の作品ファイル制作による実践・講評をくりかえし、 [1枚1枚を描き上げる力]「描いて伝える力」をつけてきま した。共通テーマにある「ひらく」は開く、拓く、などいろいろな使い方のできる言葉です。この開放的なキーワードをもとに卒業制作を最終目標とするのではなく、卒業後、次の世界へ学生が進んでいくためのステップととらえています。

イメージデザイン

白根ゆたんぽ(しらね・ゆたんぽ)
桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒業。フリーのイラストレーターとして雑誌、 広告などの印刷媒体、Webコンテンツなど幅広いジャンルヘイラストを提供する。最近の仕事に、GU年間SALEビジュアル、GU LINEスタンプ、リクルート「スタディサプリ」イラストなど。

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=白根ゆたんぽゼミ。学生作品「よいしゅうまつを」
下=白根ゆたんぽゼミ。学生作品「冒険」

森井先生
VD 森井ユカ
[担当教員]
森井ユカ
豊島晶(本校専任教育職員)

イメージデザイン

日々の生活を豊かにするのは、どのようなデザインでしょうか?身の回りにあるもの、また生活そのものを基本から見つめ直し、世界のさまざまな事象や製品から学び、考え、研究し、「感性的なアプローチから、具体的なアプローチ」まで幅広くいろいろな手法と表現で、その魅力を提案します。

イメージデザイン

森井ユカ(もりい・ゆか)
桑沢デザイン研究所卒業。東京造形大学大学院修了。立体造形作家として粘土を使っ立体イラストレーション、キャラクターデザインの企画や監修、平面キャラの立体化などを手がける。雑貨コレクターとして世界のスーパーマーケットで日用雑貨を収集。近著に『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』(ダイヤモンド社)、『10日暮らしのシンガポール』(晶文社)など。ユカデザイン代表

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=森井ユカゼミ。学生作品「モノ専門の納棺師」捨てられないモノを専用の棺に納め、きちんと離別することで、新たな第一歩を踏み出すというコンセプト/
下=森井ユカゼミ。学生作品「MOSS FOR LIFE」日本人の暮らしに長い間寄り添ってきた苔に敬意を払い、日常で使う道具に苔を生やすことで共存を図る

八十島先生
VD 八十島博明
[担当教員]
八十島博明
天野誠(本校非常勤教育職員、ブックデザイナー、図書設計家協会会員、長岡造形大学教授)
川畑明日佳(本校専任教育職員)

イメージデザイン

書物は映像表現のように時間を包み込むメディアです。文字が連なり文章となるように、二次元の紙も三次元的に連続することでひとつの物語を形成します。当ゼミでは「デザインする」という行為を単なる「造形」だけではなく、意味内容に深く留意してもらうために、ひとつの漢字の字義をテーマに据えます。その共通テーマを考察し、各々が導き出した独自のテーマで表現します。

イメージデザイン

八十島博明(やそじま・ひろあき)
桑沢デザイン研究所卒業。森啓デザイン研究室に入社。1992年GRID CO.LTDを設立。主な仕事として科学雑誌『日経サイエンス』誌のアートディレクションのほか、 インテリア関連グラフィック、展覧会グラフィックなど。著書に『MACで描く科学イラスト』(日経サイエンス社)。JAGDA会員、日本タイポグラフィ協会会員。

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=八十島博明ゼミ。学生作品「色標本」小説にでてくる「色を表す言葉」から、さまざまな色を具現化して、新たな色に関する発見を誘導する/
下=八十島博明ゼミ。学生作品「ブラックイソップ物語」イソップ寓話のなかからプラックな話だけを抽出し、教訓を際立たせる役割の「黒」を提示

八十島先生
VD 八十島博明
[担当教員]
天宅正
辻原賢一(本校専任教育職員)

イメージデザイン

日々の生活で得られる小さな気づきを大切に蓄えていきましょう。
世のなかですでに流行っている事をそのまま追いかけるのではなく、自分なりの見方で世のなかを観察し、自分なりの気づき方で発見していきましょう。
発見するために積極的に行動し、伝えるために自分のなかにあるサービス精神を総動員して表現しましょう。 気づきが多くなれば、より深く発見し、より広く表現することができると考えています。

イメージデザイン

天宅正(てんたく・まさし)
1978年兵庫生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。同大学院デザィン科修了。 2005年、ドラフト入社。2016年よりフリーランス。主な作品に、銀座ミツバチ「銀座 imogine!」、銀嶺食品「GINRAY」、Panasonic 「i-X INTEGRAL」、BRIDGESTONE CYCLE 「BRIDGESTONE GREEN LABEL」ほか。JAGDA新人賞、東京ADC賞、ONESHOW bronze賞など受賞。

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=学生作品「オブジェクト」かたちを破綻させることで生まれた1000個の”オブジェクト”から、視覚伝達の機能を失った造形の面白みや意味を追求/
下=学生作品「いろんないとう」世のなかのさまざまなロゴマークを分析し形をとらえ、そのロゴに自分の名前を入れて再構築*2016年度川俣忠久ゼミ学生作品より

八十島先生
VD 八十島博明
[担当教員]
羽金知美
鈴木一成(本校専任教育職員)

イメージデザイン

写真は面白くて難しい。カメラのシャッターを切れば誰でも写真を撮ることができます。でも、よく撮れたと思う写真と、思っていたのとは何か違うと思う写真が撮れることがあります。なぜでしょうか?どうしたら思いに近い写真が撮れるのでしょうか?自分の写真や人の写真をよく観察して写真を構成するものが何なのか探ってみましょう。選択、光、主観と客観、自己と他者…写真を通して色々な発見ができればよいと思います。

イメージデザイン

羽金知美(はがね・ともみ)
1972年東京生まれ。1993年桑沢デザイン研究所リビングデザイン科卒業。1994年桑沢デザィン研究所写真研究科卒業。1997年フリーのカメラマンとして活動開始。

  • イメージデザイン
  • イメージデザイン

上=学生作品「とりっぷ」低いアングルからの撮影により、普段人が見る視点とは違った視点で世界を見ることで日常の風景を異化/
下=学生作品「Maghreb」 モロッコを旅して、異国のなかで見い出したさまざまな光を通じて感じたイスラム世界を表現 *2016年度齋藤さだむゼミ学生作品より