デザインの現場>

2017.09.10集中講義 髙橋正実先生 2

集中講義期間の最後の二日間は、「ユニバーサル・デザイン」のグループワークの成果発表がおこなわれました。
高橋正実先生から「社会の問題解決策としてのデザイン提案」という課題が出されていました。社会の問題を発見し、それを解決するための提案をし、その提案が実践された後に社会がどのように変化するのかをイメージする、という長いスパンでデザインを考える課題です。受講者約170名が14グループにわかれてグループワークをおこない、発表にのぞみました。
今年も各グループの発表内容は多様でした。食、農業、高齢化、地域社会、ゴミ、衛生、選挙、LGBT、交通機関、都市、教育環境(〈桑沢〉の校舎や設備)・・・さらにはゴキブリまで、さまざまな問題が取り上げられていました。一つの提案が、このような問題にも、あのような問題にもつながる と、想像力を広げてくれる発表ばかりでした。


集中講義