在校生インタビュー

本田 花

ダブルスクールをすることで
より深まった学びの体験

デザイン専攻科 ファッションデザインコース 2年本田 花

  • 1997年熊本県生まれ
  • 2016年熊本県立第一高等学校卒業
  • 2016年明治学院大学法学部入学
  • 内定先宇仁繊維株式会社

「自分が本当にやりたいことを探すために、ダブルスクールをしたい」。そんな思いを抱いていたときYouTubeで見たのが、あるブランドの広告でした。自分の好みに合っていたので調べてみると、デザイナーが〈桑沢〉の卒業生。ファッションに興味はありましたが、裁縫が得意ではなかったので、ファッション専門の学校に気後れしていました。〈桑沢〉の卒業制作展に足を運び、雰囲気を肌で感じて思ったのは、〈桑沢〉はファッションではなく、デザインの学校だということです。これが入学の意思を固めた決め手でした。
私が面白いと感じた授業は、「テキスタイル」です。編みや染め、転写などで、素材の違うものを使い、新しい組み合わせを探します。例えば編みの場合、毛糸と紙といった異なった素材を織り込みます。枠組みのある中で、自由に考える。この授業では、実際にやってみないとわからない面白さを感じました。
大学では政治学科で学び、「LGBT」をテーマにしたゼミ論文を書きました。政治学とファッションは異なった分野と思われがちですが、ファッション業界は以前からこの問題に取り組んでいます。大学と〈桑沢〉、ダブルスクールを経験することで、私の中での考えがより深まったと感じています。

保護者の方からのメッセージ

全く異なる分野でのダブルスクール。自分の気持ちに素直に生きるため行き着いた〈桑沢〉で、「好き」をコンパスにして船出をする我が子に一抹の不安を感じつつも、応援してきました。この2年、いろいろな人に出逢い助けられながら、課題と向き合い、新しい世界を知る機会を得て充実した学生生活を送れたようです。〈桑沢〉に心より感謝するとともに、我が子には「よく頑張ったね」と褒めたいです。

<インタビュー 2020年3月>©桑沢デザイン研究所