桑沢デザイン研究所とは

桑沢デザイン研究所とは

〈桑沢デザイン研究所〉の歴史と理念

1954年にデザイン・ジャーナリスト桑澤洋子によって設立された、日本初にして最先端のデザイン学校です。ドイツのバウハウスをモデルとして発足して以来、そのカリキュラムは常に時代を反映してきました。小手先の技ではなく、独創や応用力の源となる「デザインの原動力」を培うため、まずは基礎から総合的に学び、つぎに実践を通じて専門的な技術と応用を身につけていく構成となっています。桑澤洋子の言う「概念砕き」とは、すべての先入観を解体し発想力の転換を求めた言葉であり、学生はさまざまな課題を通してそれを学びます。公開シンポジウムや卒業生作品展など、外に開かれた発表・交流の機会も多彩です。2万人を超える卒業生は、世界を牽引する多くのデザイナーとして活躍し、その業績は各領域で高く評価されています。

教育理念

未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

世界は今、新しい価値、生活文化の新しいあり方を求めて激しく変化しております。
未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

しかし、この目標を達成するには、デザインという専門領域を通じて、新しい明日の生活を具現化することのできる能力を身につける必要があります。
ここに本校の教育指導上の具体的な目標があります。

デザインの領域は不断の広がりを見せています。
自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人物、このような人に是非とも育って欲しいのです。

人間の欲求は限りなく成長し続けます。それは一個の進化のプロセスにもたとえられるでしょう。この人間の欲求に対して、正しい方向、適切な表現を与えることこそ、まさにデザイナーの仕事といってよいでしょう。

来るべき時代の生活文化は、デザイナーによるこうした「仲介」を経てはじめて結実します。本校は、時代をリードするデザイナーの育成を目標としております。

⇒ 国際的な評価へ -FRAME MAGAZINE(蘭)での紹介-

所長あいさつ

デザインとは時代や文化を見極めること〈桑沢〉だからこそできる、「デザインの本質」への追求

asaba2020

アートディレクター、桑沢デザイン研究所第10代所長。ライトパブリシティを経て、1975年浅葉克己デザイン室を設立。以後アートディレクターとして、日本の広告史に残る数多くの名作ポスター、コマーシャル等を制作する。
日宣美特選、東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADC グランプリなど受賞歴多数。東京TDC 理事長、東京ADC 委員、JAGDA 会長、AGI(国際グラフィック連盟)会員。デザインアソシエーション会長。日本卓球協会評議員、卓球六段。


―― 一隅を照らす

「デザイン」という言葉とその教育を世界中に伝播させたのがバウハウスでした。1919年から1933年の14年間だけ存在した世界初のデザイン学校は、画家のクレーやカンディンスキー、建築家のグロピウスなどきらめく講師陣が集い、個性豊かな学生たちが学び、創作したデザインのるつぼでした。

建築や写真、家具や道具など生活すべてに関わるデザインを考えはじめたバウハウスの理念は、日本の〈桑沢デザイン研究所〉やアメリカの〈ブラック・マウンテン・カレッジ〉、シカゴの〈ニュー・バウハウス〉に引き継がれ、いまは〈桑沢デザイン研究所〉だけが残されています。根本からデザインに取り組んだ本校の卒業生たちは、さまざまな仕事をこなしながら、「デザインとは何か」を考え続けているようです。

流行に左右されやすい分野のようですが、デザインも継続が大切。続けることで、他の人には見えなかった何かを掘り下げ、日々感じた変化や発見を残していくことができます。消えてしまう前に書き残す瞬発力、表現し続ける根気は、デザインの基礎体力となるでしょう。

私は、一日一書と絵日記を自分に課してきました。外国で卓球の交流試合をする「ひとりピンポン外交」の連載(雑誌『卓球王国』)も20年続き、最初は点だったものが細い線で結ばれ、やがて太くなり、いまでは面になってきました。「ASABA」と名付けられた遊び心に満ちた卓球台を現代美術家ディーン・プールが設計したり、香港のデザイナー、トミー・リーとの対談会場に行くと、内緒で卓球台が準備されていたり。当然試合は行いました。
 私のゼミでは、褚遂良の楷書を書いていきます。夏合宿では山の宿舎で、一日中書き続けます。現代は筆をもつ機会自体が少なくなりましたが、書き直しのきかない書道は一瞬一瞬が勝負。その緊張感がよいのです。

一隅を照らす 此則すなわち国宝なり

天台宗の開祖・最澄の言葉です。財宝よりも、自分自身が置かれた場所で精一杯努力し、明るく光り輝くことのできる人こそ、何物にも代え難い国の宝だと言っています。世界の端にあるものでも、掘り下げていくと光り輝く宝となる―それは、デザインの基本です。

続けていくこと、そして太く深くしていくこと、一緒にしませんか。



 

⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所に受け継がれる創造者育成のメソッド」(2013年3月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「桑沢デザイン研究所・浅葉克己所長が考える新時代のデザイン教育」(2014年4月掲載/外部リンク)
⇒所長インタビュー「新旧桑沢デザイン研究所生鼎談 浅葉克己氏×高田唯氏×後藤圭介氏」(2015年3月掲載/外部リンク)

blog-banner