在校生インタビュー

市川 花

厳しさと緊張感があるからこそ、信頼できる講師の言葉

総合デザイン科1年市川 花

  • 1998年東京都生まれ
  • 2017年東京都立工芸高等学校卒業

授業では1年次からプレゼンテーションの機会が多くあり、作品を発表すると、いい点も悪い点も、講師や学生から踏み込んだ意見がダイレクトにかえってきます。理想的な環境です。
これまで自分の意識が根底から変わる授業が複数ありました。手に合う形に木を削っていくハンドスカルプチャーの制作では、皆口数が少なくなり、感覚が研ぎ澄まされ、集中して入り込んでいくのを感じました。頭で考えない。正解はない。
この時は、自分が「いいな」と思うことを素直に深めることができました。
自由選択の「力と姿形」の授業では、最後に先生が学生一人ひとりにメッセージをくださいました。私には「固定観念を一度ゼロにしろ。持っている知識で固めるな」と。ゼロに戻る大切さ。
きっと今後も折に触れて思い出す言葉となることでしょう。
どの授業も面白く、先生と話しやすい関係が築ける点も魅力です。ただ厳しさと緊張感が前提にあるからこそ、信頼関係が生まれるのです。
学校生活が楽しいので、長期休暇中も友人に会いたいな、早く授業を受けたいな、と思ってしまいます。
発見に満ちた日々。柔らかい感覚で可能性を広げていきたいです。

保護者の方からのメッセージ

幼少期から、ちょっとしたことに面白さを見いだす感性と、それを自分なりに発展させる創作力がありました。〈桑沢〉での1年目、総合的にデザインを学ぶことで「食わず嫌い」だった分野にも関心を持ち、発想や手法に広がりが出てきました。意欲に応えてくださる先生方と、刺激を与え合える友人に恵まれ、感謝しています。2年次からビジュアルデザイン専攻になりますが、専門分野に限らず、社会的な視野でさまざまなものを見ていって欲しいです。

<インタビュー 2018年3月>©桑沢デザイン研究所