メニューボタン マップボタン

桑沢デザイン研究所とは

〈桑沢デザイン研究所〉の歴史と理念

1954年にデザイン・ジャーナリスト桑澤洋子によって設立された、日本初にして最先端の『デザイン』学校です。ドイツのバウハウスをモデルとして発足して以来、そのカリキュラムは常に時代を反映してきました。小手先の技ではなく、独創や応用力の源となる「デザインの原動力」を培うため、まずは基礎から総合的に学び、つぎに実践を通じて専門的な技術と応用を身につけていく構成となっています。桑澤洋子の言う「概念砕き」とは、すべての先入観を解体し発想力の転換を求めた言葉であり、学生はさまざまな課題を通してそれを学びます。公開シンポジウムや卒業生作品展など、外に開かれた発表・交流の機会も多彩です。3万人を超える卒業生は、世界を牽引する多くのデザイナーとして活躍し、その業績は各領域で高く評価されています。

教育理念

未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成
-ここに本校の理念的目標はあります。

世界は今、新しい価値、生活文化の新しいあり方を求めて激しく変化しております。
未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成―ここに本校の理念的目標はあります。

しかし、この目標を達成するには、デザインという専門領域を通じて、新しい明日の生活を具現化することのできる能力を身につける必要があります。
ここに本校の教育指導上の具体的な目標があります。

デザインの領域は不断の広がりを見せています。
自ら選択した分野において、自分の習得した技術を使って独創的なデザインのできる人、現実の制約や条件を創意の糧に転化し、新しい社会の創造に加担できる人物、このような人に是非とも育って欲しいのです。

人間の欲求は限りなく成長し続けます。それは一個の進化のプロセスにもたとえられるでしょう。この人間の欲求に対して、正しい方向、適切な表現を与えることこそ、まさにデザイナーの仕事といってよいでしょう。

来るべき時代の生活文化は、デザイナーによるこうした「仲介」を経てはじめて結実します。本校は、時代をリードするデザイナーの育成を目標としております。

⇒ 国際的な評価へ-FRAME MAGAZINE(蘭)での紹介-

所長のあいさつ

桑沢デザイン研究所卒業。1976年デザイン実験室設立。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科講師を経て2006年より首都大学東京システムデザイン学部・大学院教授、~ 14年客員教授。著書に『編集デザインの教科書』、『デザイン解体新書』、『文字組デザイン講座』など。「第7回桑沢賞」、「第48回講談社出版文化賞ブックデザイン賞」受賞。2019年「タイポグラフィをめぐる書物の森」展企画監修など。

デザイン教育の実践と理念の磁場としての研究所 それが桑沢デザイン研究所

 高校生、大学生、働いている人。デザインを学ぼうとするきっかけはさまざまです。桑沢デザイン研究所では、その多様な人たちを受け入れる教育を行っています。

 〈桑沢〉の特徴は、「潜在能力に刺激を与える実践と鍛錬の場」であることです。ポテンシャルがあるのに気がついていない人がいれば、私たちはそこに刺激を与えて伸ばし、サポートをします。「形・色・空間・素材」というデザインのキーワードは日常に存在していますが、五感で経験して初めて気づくことがあります。その発見を促す「デザインの基礎教育」を実践し続けるための場が〈桑沢〉なのです。

 同時にそれは、「自分の感性に気づき、新たな発見ができる仲間がいる場」でもあります。昼間部のカリキュラムでは、実技を中心としたビジュアル・プロダクト・スペース・ ファッションの四つの専門分野と、理論を中心とした「デザイン学」の教育を行っています。その利点は、四つのデザイン領域の基礎を横断することで、1年次からすべての分野の学生や教員たちが、教室や施設など日常の空間で交流できること。ひとつの専門を学んだだけでは実感できない広い視野を培う貴重な経験となっていきます。

 ここで重要な役割を果たすのが、〈桑沢〉の大きな特徴である「デザイン学」です。1990年代まではデザイナーになるためには、技術や専門的な能力が必要でした。それが今やパーソナルコンピューターの出現と進化によって、能力の差異がフラットになってきています。これからデザインに求められるのは「 叡智と思考」、つまり「クリエイティブ・シンキング」です。枠組みにとらわれない自由な発想が豊かなアイデアを生みます。そこに対応するのが「デザイン学」です。デザインの歴史や文化を知り社会とのつながりを再発見することを目標にしています。4年制の大学や他の専門学校にはないカリキュラムで、デザインに不可欠な知識や発想、視点を養います。

 そして、〈桑沢〉では「多様な世代を受け止め、可能性を具現化すること」を目指します。3年制の昼間部(総合デザイン科)に加えて、より幅広い層のデザインへの向学心に応える2年制の夜間部(専攻デザイン科)があり、屈指の充実したカリキュラムを備えています。この春の卒業生作品展で感じたことは、彼らの発想の柔軟さ、アイデアの多彩さ、完成度の高さです。作品からは指導する教員の活動が伝わりました。それに応えるように学生たちは、常にクリエイティブの先端を目指し、挑戦する姿を見せていました。

 デザイン教育の実践と理念の磁場としての研究所、〈桑沢〉。ここは同じ目的を持った人たちが集う場です。徹底的にデザインだけを学ぶ場だからこそ、自分の気づきに目覚めます。デザインを志す皆さん、私たちと一緒に可能性を追求していきましょう。

3つのポリシー

専門学校桑沢デザイン研究所は教育上の目的を達成するために、ディプロマ・ポリシー(卒業認定の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)を下記のとおり定めています。

▼ディプロマ・ポリシー(卒業認定の方針)

専門学校桑沢デザイン研究所は、未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求にデザインで応える人材の育成という教育理念に基づき、以下に示す知識、技術、能力などを身につけ、学則に定める卒業に必要な条件を満たした者に対して、卒業を認定し、総合デザイン科においては「専門士」の称号を付与します。

    • ・ 人間や文化、社会について広い視野を持ち、自ら課題を見つけ出すことができる。

    • ・ 感性、思考力、造形力など基礎的な能力を身につけ、デザインに応用することができる。

    • ・ 専門的な知識、技術などを身につけ、デザインによって課題の解決に取り組むことができる。

▼カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施の方針)

専門学校桑沢デザイン研究所は、教育理念、ディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す知識、技術、能力などを身につけるためのカリキュラムを編成しています。
総合デザイン科(昼間部)では1年次(共通課程)に全てのデザインに共通する基礎を学び、2〜3年次(専門課程)にデザインの専門分野を学びます。専攻デザイン科(夜間部)では、基礎と専門分野を並行しながら学びます。

    • ・ 人間や文化、社会とデザインとの関わりについて広く学び、デザインの役割を理解する。

    • ・ デザインに必要な感性、思考力、造形力など基礎的な能力を身につける。

    • ・ デザインに関する専門的な知識、技術などを学び、制作、研究をおこなう能力を身につける。

▼アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • ・ 観察力
      広い視野を持ち、さまざまなものごとから学ぼうとする姿勢を持つ人

    • ・ 感性
      豊かな感受性と柔軟な発想力を持つ人

    • ・ コミュニケーション能力
      さまざまな立場の人と意見を交わし合い、協力することができる人

    • ・ 実践力
      デザイン活動を通して、新しい社会の創造を目指す意欲と行動力のある人