在校生インタビュー

設楽 杏花

同じ志を持つ仲間だからこそ
わかり合える貴重な時間

デザイン専攻科 プロダクトデザインコース 2年設楽 杏花

  • 1994年東京都生まれ
  • 2013年東京都立石神井高等学校卒業
  • 内定先印デザイン株式会社

グラフィックデザイナーの父の影響もあり、東京藝術大学を目指していました。東京藝術大学は、アーティスト志向が強い。浪人をしている時期に、「本当に自分がやりたいことは何なのか」と徹底的に考えて、進路を見直しました。その結果、「アーティストになるよりも、デザインをしたい」という結論にたどり着きました。
私が〈桑沢〉に入って変わったのは、ファインアートに偏っていた頭の中が、より身近なことへ向くようになったことです。「こんな形だったら便利だな」「こういうものがあったらいいな」というような、人のためのデザインを考える。デザインは自己満足の世界ではありません。使うからこそ生きてきます。だからこそ、周りの人の意見を取り入れて、よりよいものをつくっていこうと思うようになりました。
授業以外にも、友人たちと話したり遊んだりしたことが、私にとっていい経験になりました。専攻デザイン科は特に、大学や社会人を経験した違うタイプの人たちが来ています。でも、デザインに対して同じ志を持っているので、話していて楽しく、学ぶことも数多くありました。これからもずっとつき合っていく友人が得られたのも、〈桑沢〉に入学してよかったと思うことです。

保護者の方からのメッセージ

浪人を経て〈桑沢〉を選択しましたが、浪人時代に培ったデッサンの基礎力やデザインの多様性を活かし、〈桑沢〉で大きく成長することができたようです。浪人した時間も決して無駄ではなく、自分と向き合い、見つめ直すよい機会であり、その時間があったからこその今があると思います。これまでの経験を活かして、社会に出てからも活躍してくれることを祈っています。

<インタビュー 2020年3月>©桑沢デザイン研究所