メニューボタン マップボタン

VD

天宅 正 ゼミ

[担当教員]
天宅正
辻原賢一(本校専任教育職員)

今の気づき

今の自分が気づいたことを今の自分の表現で今の世の中に提案する。その提案が世の中にどう受け止められるか今の自分でしっかり気づくこと。自分なりの見方で世の中を観察し、自分なりの気づき方で発見していきましょう。発見するために、積極的に行動しましょう。伝えるために、自分の中にあるサービス精神を総動員して表現しましょう。デザインに限らず、ものをつくることを続ける限り、その繰り返しだと思います。

天宅正(てんたく・まさし)
1978年兵庫県生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。同大学院デザイン科修了。天体合同会社代表。2005-16年ドラフト。2017-19年神戸市クリエイティブディレクター。主な作品に、D-BROS「KUDAMEMO」、銀座ミツバチ「銀座 imogine!」「積善 GINZA」、今城純「Pastel wind」、SPACER「SPACER」ほか。JAGDA新人賞、東京ADC賞、ONESHOW bronze賞など受賞。

左=学生作品「ある日の影」街中にある建物や物の「影」は、季節や時間帯などのタイミングに左右されながら姿を現す。日の当たる角度、道の段差によってさまざまな表情を見せる影の存在感を表現した。/右=学生作品「FAT」モチーフを太らせたグラフィックを制作し、2冊の本に定着。想像とコミュニケーションを生みだす不完全なもの、一つのヒントで広がるデザイン、意図せずに生まれる形の面白さを狙った。

閉じる