メニューボタン マップボタン

NEWS|デザインニュース

2022.10.17パッケージ幸福論2022「自分と自分」展

情報提供: ( 教職員 )

非常勤講師 田中健一先生が、展覧会【パッケージ幸福論2022「自分と自分」展】に参加されます。

田中先生は、株式会社 コトリデザインスタンダード 代表取締役/アートディレクター /デザイナー、夜間部ビジュアルデザイン専攻2年次の授業「パッケージデザインA・B」を担当されています。

-----------------
「パッケージ幸福論」というプロジェクトは2008 年、パッケージデザイナーの大御所鹿目尚志先生( 2017年に逝去)の発案でスタートしました。鹿目先生は、若手のインハウスパッケージデザイナー(メーカーなど企業に所属する企業内デザイナー)に声をかけて「普段、会社の中の仕事では発揮できていないであろう創造性の発出」に期待して展覧会をスタートさせました。その際、鹿目先生は展覧会ディレクターとしてCM ディレクターである僕、なかじましんやを指名しました。展覧会のディレクション… 僕はたんなる自由演技の発表会に終わらせるのはもったいない、と思い、「パッケージ幸福論」というお題を掲げました。デザインと人の幸福との関係を探るという大命題のもと、毎回テーマを定めてその解答としての作品を展示して世に問う、という展覧会を開催してきました。
以来メンバーたちは「パッケージ幸福論」でユニークな作品を発表しつつ、普段は仕事として様々な課題にデザインで応える毎日を送っています。展覧会用の「自分」とお仕事用の「自分」がいる。どっちがほんまの「自分」なんや?展覧会がスタートしてから1 4 年、ここであらためて自分の中にいる二人の「自分」をテーマにすることにしました。14 年のあいだに「自分」は変わったのか変わらなかったのか。一方の「自分」はもう一方の「自分」に何か影響を与えたりしたのかしなかったのか。この「自分」があの「自分」の足を引っ張っていないか、あるいはこの「自分」があの「自分」を応援してくれたりしてへんのか…「自分」と「自分」を見つめ直すことはある意味この「パッケージ幸福論」という展覧会の本質に迫るものになるかもしれません。
今の「自分」は幸福なのか。何が「自分」の幸福なのか。パッケージ幸福論「自分と自分」いろんな「自分」の思いを感じていただければ、と思います。

展覧会ディレクター なかじましんや

参加メンバー
石浦弘幸
石田清志
井上大器
大上一重
籠谷 隆
木村雅彦
杉山ユキ
田中健一
廣瀬賢一 (50音順)

月〜木 11:00〜18:00
金・土 11:00〜19:00
日・祝・最終日 11:00〜17:00
※昨年と時間が変わっておりますのでご注意ください。
会期中無休 入場無料

開催期間  2022年10月23日~ 2022年11月06日

会場    ギャラリー5610

会場住所  東京都港区南青山5-6-10 5610番館

関連URL  https://www.deska.jp/upcoming/9179.html



アーカイブ

⇒情報提供はこちらから(桑沢関係者に限ります)