NEWS|デザインニュース

2018.09.04イイカモプロジェクトのカモフラージュデザイン

情報提供: ( 教職員 )

福井健人さん(1995年3月グラフィックデザイン研究科卒)が、イイカモプロジェクトのカモフラージュ制作を含めたデザインの全てを担当しました。
---------------
カモフラージュブランドiicamo(イイカモ)、
日本自然保護協会とのコラボレーションモデルを発表
カモフラージュの新しいかたちを提案する「イイカモ・プロジェクト」が日本自然保護協会と初コラボ。
絶滅危惧種のイヌワシなど赤谷(あかや)の森の動物たちをモチーフにした「AKAYA’S ANIMAL」が誕生。

日本自然保護協会の活動地のひとつ「赤谷の森」(群馬県みなかみ町)に生息する動物たちをモチーフにしたカモフラージュ「AKAYA’S ANIMAL」が誕生。
絶滅の危機にあるイヌワシやクマタカなど、日本自然保護協会がその保全活動に力を注ぐ希少な動物たちとともに、
赤谷の森の地図をあしらうなど、こだわりのデザインにしあがっています。

自然の再生を目指す「赤谷プロジェクト」を多くの人に知ってもらうきっかけになればと作成しました。
---------------
詳細はURLをご確認ください。

関連URL  https://www.nacsj.or.jp/media/2018/09/12373/