ホーム 学科紹介 専攻デザイン科 スペースデザイン専攻

専攻デザイン科 1・2年次 SDスペースデザイン専攻

住宅、商業空間、都市計画など、空間の成り立ちを理解し、
人の豊かさや幸福のあり方の可能性を創造する

スペースデザインとは:エレメント、インテリア、住環境という目に見える形をつくるが、本質的には「人」「モノ」「空間」という3つの関係のデザインのことを指します。「都市」とどのような関係を持つかという建築的な視点も必要です。

2年間の学習の流れ

2年間の学習の流れ 2年間の学習の流れ

カリキュラム詳細

1年次 
空間デザインの基礎を養う

前期は、デッサンや製図、造形発想など、デザインの基礎力を身につけ、後期は、「モノ─人間─空間」の関係性を分析しながら、スペースデザインの基礎を学びます。家具や照明など空間を構成する要素としての「エレメント」に着目しながら、内部空間をデザインする「インテリア」、そして「住宅」のデザインを設計演習を通して学んでいきます。また後期にはCADの授業もあり、自分のデザインを模型や図面で表現できる力をつけます。

2年次 
「モノ─人─社会」の関係性からデザインする

各学期には、さまざまなデザインの歴史講義があり、「モノ─人─社会/都市」の関係性の変遷を学びます。特に2年次においては、「人」と「モノ」が社会や都市と、空間を介してどのような関係にあるかを、住空間と商空間の設計課題を通して学びます。その関係性は非常に複雑で、単に機能的な思考を超えて、より哲学的な思考が要求されます。そしてそれは「空間」というものの根本的な意味を掘り下げていくことともいえます。

2024年度 1年次前期の時間割例

2024年度 1年次前期の時間割例 2024年度 1年次前期の時間割例

※時間割は2024年度の参考例です。

授業紹介

  • 1年次インテリアエレメント

    空間デザインへの基礎を習得

    平面を異なるスケール(縮尺)でとらえ、立体、そして空間を形づくることで、スケール感を学びます。1枚の平面を実寸でとらえ、立体を形づくりながら、ランプシェードというエレメントデザインに発展。次に、同じ大きさの平面を1/50スケールとして空間のデザインへと展開する一連のプロセスを学びます。

  • 2年次住空間A

    著名建築家の住宅から学ぶ

    世界でも最先端として認識される日本の住宅建築のさまざまな例から、戦後日本の住宅建築史をリサーチします。模型作りや図面のトレース、実際の住宅見学をしながら、最後には、ある敷地条件に沿って住宅を設計します。価値観が多様性を増していく現代社会において、住宅の本質とは何かを考えます。

  • 2年次商空間B

    「人」と「モノ」との関係を探求

    商空間は、より客観的な空間の快適性が求められます。課題では、実在する物販店や飲食店、それらを取り巻く公共空間をリサーチ。「人」と「モノ」との新しいあり方を探ります。その結果をもとに、ある敷地条件のもと、商空間をデザインし、現代の都市環境におけるインテリアの新しい可能性を追求します。

卒業後の進路

建築設計/インテリアデザイナー/商業施設デザイナー/リフォームデザイナー など

主な求人

建築設計、インテリアデザイン、商業施設デザイン、リフォームデザインの求人が多いです。企業から個人のデザイン事務所まで、幅広い求人があります。

就職先

教育職員紹介

一流のデザイナーにとって必要な視点や思考法、技術を身につけるため、桑沢では現在も第一線で活躍するデザイナーの教員陣が指導します。

教員職員一覧

在校生インタビュー

黒田竜司
黒田竜司
就職活動の時期になり将来を見つめ直したときに、自分は絵を描くのが好きだったことを思い出し、何かを表現したいという思いが湧き上がってきました。デザインの学校をインターネットで調べた際に、「〈桑沢〉は一番厳しい学校」という評価に興味を覚え、レベルの高い環境に身を置くことで成長したいと入学を決めました。
金谷百花
金谷百花
大学を卒業してバリスタを目指していたのですが、新型コロナウイルスの影響で断念。でも自分がバリスタになりたい理由を掘り下げた時、人が集まる空間が好きだからということに気づき、その空間をつくる仕事に興味が湧いて〈桑沢〉に入りました。
都築彩香
都築彩香
大学を卒業してから出版社に就職し、旅行などをテーマにした雑誌の編集に携わっていました。仕事を通して、誌面をレイアウトするデザイナーと接するうちに、デザインに興味を抱くようになりました…
中村亜香里
中村亜香里
大学時代に舞台美術にかかわったことがきっかけで、空間デザインに興味をもつようになりました。 「日本の優れた空間デザイン」という特集の雑誌で〈桑沢〉出身のデザイナーが多い…
樋田 明広
樋田 明広
高校卒業後、音楽スタジオで働きながら音楽活動をしていました。今も時々作曲の仕事をしています。ある時、建築家の隈研吾さんが内装を担当した「Red Bull Music Studios Tokyo」に行く…
武政 璃沙子
武政 璃沙子
ショッピングで渋谷を歩いていたときに、偶然〈桑沢〉を見つけました。「この学校は何を学ぶところだろう」と興味をもち、早速調べてみました。そのときに初めて、「デザインを仕事にする道…
飯田 航起
飯田 航起
社会人として4年間、営業の仕事をしていました。でも、スペースデザインの仕事をしたいと思い、〈桑沢〉に入学しました。入学以前はデザインに直接関わったことがなく、作品をつくること自体が…

卒業生インタビュー

簗瀬 晃希
設計アシスタント
簗瀬 晃希
別荘やオフィスビルなど建物の建築デザインをしています。2年目の現在は、主担当の方のもとで設計アシスタントとして仕事をすることが多いです。モデルの検討や、パー…
山田 絵美香
インテリアデザイナー
山田 絵美香
(喫茶と占いの店)TAROLON / タロロンが、2021年5月2日にオープンしました。
占いの店は、敷居が高くちょっと暗いし入りづらい、、イメージがありますが、タロロンは、誰でも気軽に立ち寄れるような、来た人が明るい気持ちになれるような、ハッピーな雰囲気を纏ったお店にしました。
陣内裕子
ブランドマネージャー
陣内裕子
有田焼のブランドである「2016/」のブランドマネージャーをしています。この「2016/」はその名のとおり、2016年に佐賀県の有田焼創業400年記念事業の一環としての…
奥平眞司
映像クリエイター
奥平眞司
YouTubeのチャンネル
「OKUDAIRABASE」を主宰して、暮らすことの楽しさを伝える映像を制作し発信しています。YouTuberになったきっかけは、大学に進学…
塚越 龍馬
アーキテクト
塚越 龍馬
人と人との関係の中で、考えて空間を設計する。建築や遺跡に興味があり、高校卒業後、半年働いては半年海外に行くという生活をしていました。特にインド…
佐野 茜
建築家
佐野 茜
大学を卒業して住宅販売の会社に就職しましたが、そこで働いているうちに高校時代に目指したことのある建築の仕事がしたくなりました。〈桑沢〉の説明会で話を聞き、スペースデザイン…
小田 竜太郎
建築家
小田 竜太郎
高学歴の人たちが多い建築業界のなか、私はバイタリティーで勝負しているのかもしれません。現在は、住宅やクリニックの設計を主とする建築事務所に所属しています。仕事の…
小川 暢人
インテリアデザイナー
小川 暢人
僕はインテリアデザイナーをしています。手がけているのは、主にオフィスの内装デザインです。オフィスのデザインは、企業ブランディングも含め、その会社が思っているものを空間で…